I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ M8でマクロ...、この解像度、そして滲み...!!!

とっても気になっていた50mmレンズ、やっと手に入れました!
(ノクチじゃないですよ...)

で、レンズの紹介は後回しにして、まずは試写を...
e0135059_14534179.jpg
「産毛」
(画面クリックで、かなり拡大します)

e0135059_17144596.jpg
「SOLVENT DISPENSER」

上2点は開放F1.9で約28cmまで近付いての近接撮影です。この距離でピント範囲は1cm...程度かな?
M8装着時の距離形連動は無限遠から約0.8mまでなので、フレーミングはノーファインダーで被写体直前にレンズを向けてます。数枚のトライ・アンド・エラーは必要ですが、そこはデジタルカメラの強み、構図もピントも数枚の試写をその場で確認すれば...
しっかり写ります!
そもそもレンジファインダーでマクロは構造的にムリがあるんですが、撮ろうと思えば「撮れる」というところがミソなんです...。

どうですか、この滲み?そして、この解像度!!
e0135059_1553615.jpg
「杭」
(画面クリックで、かなり拡大します)

そしてこのレンズ、ほとんど収差が無いというのも特筆です!
上の「杭」の背景ボケではでグルグル現象を必死で食い止めている感じです...。

で、この立体感!
e0135059_1714810.jpg
「路傍の草」
(画面クリックで、かなり拡大します)

あまり写り過ぎるのも面白味に欠ける気がしますが...
何といっても、しっかり描写から蕩けるようにボケていく様がステキです...
んー、良く写り、よくボケる。
その上、マクロも撮れる。ある意味、万能レンズでは?



で、このレンズの正体は...、KERN-MACRO-SWITAR 50mm F1.9 AR であります!
e0135059_15454725.jpg
元はスイスのアルパというカメラ用のレンズです。
業務用ムービーレンズのメーカーであるスイス・ケルン社からスチルカメラ用としては唯一のアポクロマートレンズとしてアルパ社だけに供給されました。
マクロスイターとしては先代はF1.8に続き2世代目。
なぜ、F1.9に変更したかは誰も知らないみたい...。

レンズ構成は5群8枚、最短撮影距離が0.285m のマクロレンズです。
1968年から1981年の間に6303本生産されました。

蕩けるように滲んで行くボケ味アポクロマートを導入している点、脅威の解像度...。
なんというか、良い事ずくめです!

入手した時点では内部にクモリが出ていましたが、MSオプティカルさんでライカマウントに改造するのと同時に内部クリーニングして頂き、素晴らしく抜けの良いクリアな状態になって帰ってきました。(宮崎さんによるとクモリは99パーセント取れたそうです。)
僕が見たところコーティング剥がれだと思っていた部分もオイルが付着していただけのようで、レンズは無傷でした。
想定外の程度の良さで、ピカピカのレンズに戻ったのにはビックリです!
マクロスイターのコーティングは、とても厚くしっかりコーティングされているそうで、完成時にお話した時、宮崎さんはこのレンズを大絶賛してました。
解像度は顕微鏡レベルとのことで、干渉計によるレンズテストではズミクロンやプラナーを上回る結果が出たそうです!(正直、どれだけ凄いのか理解出来ていませんけどね...)

正確な焦点距離は51.9mmあるそうで、アダプター組立時にスペーサーを入れて調整して頂いたようですが、近接で後ピン、無限遠で前ピンが若干残っています。
いちばんピントが合う距離を2m程度に設定するとどうしても前後に若干の誤差が残るそうです...。
まあ、オールドレンズにクセはつきものなので、少々のことは気にしません。

どうです?黒塗りのメカっぽいデザインがカッコイイでしょ?
アルパ用のレリースボタンは、ただの飾りになりました。
e0135059_1634882.jpg
ピントリングが無限遠の位置ではかなりコンパクトですが...、まるまる2回転と3/4、最短焦点距離までグルグル回すと...レンズ本体は、とっても長くなります。

そして、ユニークな被写界深度の表示。
e0135059_1684794.jpg
絞りリングと連動してオレンジ色の点がグラフの様に表示されます。
ちょと無駄なデザインのような気もしますが...かなりカッコイイのでヨシ!!
というか、このデザインが気に入ったのも購入理由のひとつです...!

で、問題だったのは赤外線被り対策...
このレンズのフィルターはネジ込み式ではなく、はめ込み式です。
フィルターサイズはBなので...。
このサイズのアルパ用の中古イエローフィルターを購入し、フィルターガラスを入れ替えました。
e0135059_16202572.jpg
偶然、ライカ純正のE46サイズのUV/IRカットフィルターのガラスを外したら...ちょうど良く交換装着出来ました〜!

今週はちょとこれで遊んでみます。
さて、何を撮ろうかな...?
[PR]
by andoodesign | 2008-07-12 16:30 | M&Lレンズ