I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ SERIE7 UV/IR CUT + SUMMILUX 35mm(球面)

ライカ社からM8オーナーに無料で提供されるUV/IRカットフィルターは2個。
これは紫外線と赤外線を遮断するための目的で使用するフィルターで、特にローパスフィルターを省いているM8のCCDは赤外線の影響が大きく、黒い化学繊維などが紫色に映るなどの弊害が出る。(木の葉の鮮やかな緑もくすんでしまう。)
先日、ライカ社サイトからオーナー登録したが、M8事情に詳しいサイトを見る限りでは提供されるフィルターが届くまでには相当の日数がかかる様子。
既にGR21mm用にはB+W製の40.5mm径を購入して使っていたので、その効果は確認済み。ライカからの提供品リストに記載が無かった「シリーズ7」フィルターも取り寄せた。これはSUMMILUX35mmなどに使用するフード(12504) に組み込んで使うフィルターで、通常のフィルターにある「ネジ」が無いタイプ。
12504フードはちょっと面白い構造になっていて、本体をねじることでフードの前後が分割する。それらの分割されたフードの間にシリーズ7フェルターをセットし、再びフードを元に戻せばそのままレンズ前面に設置することが出来る。
e0135059_1540121.jpg
赤外線対策に加えて6ビットコードをレンズ裏面に設定することでレンズの性能を発揮させる仕掛け。データ処理するということかな?
e0135059_1528826.jpg
写真下:フィルターの有無を比較してみます。(6bitセンサーはOFF)上がフィルター無し。黒い繊維部分が紫色に振れています。下はUV/IR CUTフィルター使用。黒いレンズケースは本来の色を再現していますが、周辺の木の色がシアンがかって暖かみに欠ける色になってしまいます。(シアンドリフト)
e0135059_1824764.jpg
やはり6ビットコードが必要なようです。巷では6ビットコードを自作されている方もいるようですので、近いうちに挑戦しようと思います。
噂どおり、撮影に集中出来るまでには少し手間がかかりそうです。
[PR]
by andoodesign | 2008-02-16 18:43 | アクセサリー