I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ FIAT FIAT FIAT

フィアット500(Cinquecento)は1950〜70年代に生産された当時のイタリアを代表する小型車です。
(2007年には、フォードとの提携で3代目になる新型500が発表されました。)
映画「ルパン三世 カリオストロの城」でルパンの愛車として登場したり、「グラン・ブルー」ではジャック・マイヨールのライバル、エンゾ・モリナリがぼろぼろの500に乗っていたのが印象的でした。
サイズも姿もかわいいし石造りのローマによく似合います。
今回のローマ写真でも既に何度か登場していますが、古い型なのでそれほど多くは見られません。
なので、旧型を見かけると撮っちゃうんですよ、つい...。
e0135059_1815984.jpg
「small cars」
at a street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_1814229.jpg
「Fiat 600」
at a back street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_18152021.jpg
「Yellow Fiat」
at a street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


その他の自動車事情といえば、軍警察(Carabinieri)のパトカーがアルファロメオ159だったり、ドイツ製の小型車スマート(Smart)がとても多く路上では縦列ならぬ横列駐車していたり。
なるほど、路地の多いヨーロッパの都市部ではこの種の小型車がウケるのも頷けます。(もちろん日本車も。)
ローマでの自動車写真はまだあるんですが、このくらいにしておきます。
で、因に僕はフィアットには乗っていません...。笑
[PR]
by andoodesign | 2010-02-19 20:28 | 写真