I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 続、Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95

M8ではフェイクコード(6bit)に頼っていた「レンズ検知」ですが、M9では自動で6ビットコードを検知するモードの他に、予め登録された36種のライカレンズから任意に焦点距離/開放値を選択設定出来るようになりました。
そこで、キャノン 50mm F0.95 を使うなら...、と「50 f0.95」の数字を探しましたが、見当たらない...。んん?

...なるほど、第4世代目の最新ノクティルックス 50mm F0.95 ASPH. は6ビットコード導入後に発売されたレンズですから、全てのレンズに6ビットが刻まれているワケで...。
歴代ライカレンズにはマニュアル設定しなければならない「50 f0.95」は存在しないということですね。

そんなわけで、このレンズには第2〜3世代ノクティルックス用の設定「50 f/1 11821 11822」を選択しています。
レンズ設定の有無で少々トーンが変わり(有=明るくなる)、このレンズに関してはレンズ設定した方がバランスは良いように感じました。
やっぱりフェイクコード無しで使えるのは楽で良いです。
e0135059_1055063.jpg
「新聞」
東京 元代々木
Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95 (M改) + Lens detection / Manual (50mm f1.0)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-08 11:45 | 写真