I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ SUMMILUX 35mm F1.4 (the early 1st)

さて、ぼちぼち行きます。
いきなり横並びでレンズ比較というのは事務的なので、とりあえず1日1本ずつ持ち出して撮影を楽しんでます。
それに、じっくり比較試写する時間が取れないんです...。って、言いわけ。
e0135059_2151219.jpg
「休憩」
東京 代々木
Leica M4 Black Paint + SUMMILUX 35mm F1.4 (the early 1st) + KODAK EKTAR 100

上の写真は開放F1.4でのカットです。
毎カットF1.4とF2.0で撮ってみましたが、噂どおり開放F1.4ではフレアっぽい印象になることが多いです。
このカットはクリアな方で、逆光気味の環境では露骨に白く霧がかった絵になる場合もありました...。
開放では甘過ぎるので、「一絞り分絞った方が、云々...。」というのは正しい使い方なのかもしれません。
とは言え、やはりそこは開放バカ、敢て開放F1.4でのカットを掲載するわけです。笑
フレアを含め柔らかくふっくらした描写ですが、好みが分かれる理由もよく解ります。

e0135059_224543.jpg

Leica M4 Black Paint + SUMMILUX 35mm F1.4 (No.177xxxx / 1960年)

無限遠ストッパー付きのブラックペイント、OLLUX レンズフードが付いています。
ズミルックス35mmの歴史は1961年からのはずですが、このレンズはシリアル番号からすると1960年製なんですね。
そもそも最初期はシルバークローム製のはずですが...。
他のレンズでも番号外れは確認していますし、こういう事ってよくあるみたいですね。
(僕のM4ブラックペイントも、資料からすると正式に黒塗りが発表それる数年前に生産されたことになります...。謎)
何はともあれブラックペイント同士、ヘリコイドのレバー部分のペイントはさすがに擦り減っていますが、全体的に遣れた感じはM4にピッタリです。ウットリ

引続き、マイペースで撮影を続けます...。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-30 22:35 | M&Lレンズ