I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ M9 x Noctilux、レンズ検知はOFFでもOK?

M9で気になるのは新たに加えられたフルフレーム(24 x 36mm)CCDの性能。
(あ、でも解像度や画質はもう充分だと思ってます...。笑)
新開発CCD(コダック製)は、フルフレームの隅々までレンズが集めた光を余す事無く認識出来るのか...?
もし、集めきれない光あったとして、それはM9内部のデータ処理によって何事も無かったように修正(あるいは余計な絵作りまで)してしまうのか...?
UV/IRフィルタが不要になったが、ちゃんと赤外線カットは出来ているのか...?
等々...、気になりますよね?

とりあえず、作例は ノクティルックス 50mm F1.0 (E60) のみですが、6bitレンズ検知 ON/OFF で比較撮影してみました。
e0135059_18594017.jpg
「倒れたコーン」
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)
左: 6bitレンズ検知 ON / 右: OFF + F1.0 + ISO160 + 1/15s

e0135059_197454.jpg
「テーブル」
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)
左: 6bitレンズ検知 ON / 右: OFF + F1.0 + ISO160 + 1/15s

e0135059_1981728.jpg
「提灯」
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)
左: 6bitレンズ検知 ON / 右: OFF + F1.0 + ISO160 + 1/12s

撮影は全て開放F1.0、もちろんUV/IRフィルターは付けていません。( Leica製 UVaフィルターを装着してます。)

結果は...、どっちでもイイじゃん!!ってくらい似た描写です。
強いて言えばレンズ検知ONの方が若干ですが色乗りが良いように感じますが、DNFからのRAW現像や、その後のデジタル処理で何とでもなる範囲と言えます。
残念ながら、今回はノクティルックス50mm F1.0 (E60) のみの試写でしたので、他のレンズでどのような結果が出るかは未確認です...。
特に後玉が大きく突き出した広角系のレンズではCCD周辺への入射角がきつくなりますので、レンズ検知の ON / OFF はもっと分りやすい影響が現れると思われます。

少なくとも、50mmクラスのレンズでは変にデジタル処理を加えなくても各レンズなりの描写を楽しめるという事が言えそうです。
赤外線対策は夜の撮影ってこともあり分りやすい変化は確認出来ませんでしたが、見る限りでは目立った色被りは感じられませんでした。
何れにしても、M9でのフルフレーム描写は誤摩化し無し、新開発CCDは周辺までしっかり光を捉えているようです。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-20 19:48 | Leica M9