I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ Leica M9 のこと

8月31日にライカカメラAGのWEBに早まってアップされてしまったM9のページがキャッシュで拾われ、テキストのみですがその仕様がリークしています。
始めは acielmd さんが一部のキャッシュを拾ったことで、「M9」に対するキーワードが信憑性を増して来た感じだったんですが、あれよあれよと言う間にLeica Rumorsに丸ごとアップされていますね...。(画像抜きです。)

現時点で解っているM9の仕様を整理すると...
・1800万画素フルサイズ(36mm x 24mm)CCDを搭載
・UV/IRフィルターの必要なし
・ボディサイズは139 x 37 x 80 mm(M8/M8.2と同等)
・背面にISOボタンが新設された(ダイヤルと併用で簡単にISO感度を変更出来る)
・シャッタースピードは1/4000s
・ボディカラーはブラックペイントとスチールグレーペイントの2種類
・Adobe Photoshop Lightroomのライセンスが同梱される
・外観としては、トッププレートにバッテリー残/撮影可能枚数の液晶が無くなり、ファインダー側の角に段差が出来た
・機能設定面にもM8/M8.2から変更がありそう
・等々...
e0135059_16154937.jpg
Leica M9 (?) / Leica X1

上画像のM9はもちろん非公式なんですが、先日公開された動画の一部やリークしたテキストを照らし合わせると概ねこの外観は間違いないでしょう。
X1の方は例によってパナソニックのDMC-GF1と兄弟機ということですね。
X1はマイクロフォーサーズ機ですが、パナソニック純正でライカRレンズ用アダプターも発売されるそうで、ライカRユーザーのフォローをした形になるようです。

M9、いいですね...。スチールグレーペイントが気になります。
さあ、困った...。



--------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下、リークしたM9紹介WEB用テキスト(ライカカメラAGサイトより)

35mmカメラの歴史は、伝説の「ウル・ライカ」の登場で幕を開けました。それからおよそ100年。Mシステムの偉大な伝統をデジタル時代に伝えつつ、写真撮影の新たな領域を切り開くライカM9が誕生しました。同クラスのデジタルカメラでは世界初となる、特別に設計したフルサイズのCCDを搭載。ライカフォーマットとも呼ばれる35mmフルサイズ(36×24mm)で高精細という、パーフェクトな描写を実現します。また、外観は、時代を越えて愛され続けているMシステムならではのクラシックなデザインを継承しています。さらに、最新技術の粋を結集することで、歴代の旧モデルの真髄を体現しています。最高水準の画質にこだわり、いつまでも心に残る作品づくりに情熱を注ぐ人びとに理想的な、最先端をゆく撮影ツールです。

妥協のない36×24mmフルサイズ
高精細なセンサーと高性能なMレンズ、そして優れたデジタル処理により、あらゆる環境下において優れた写真を撮影することができます。1800万画素のCCDセンサーが35mmフルフォーマットを実現します。撮像素子を新しく開発することにより、赤外線をカットすることができ、画質の劣化なくMレンズを使用できます。IR/UVフィルターも装着する必要はありません。

直感的な操作性
簡単な操作性とシンプルなメニュー構成により、写真家は操作に気をとられることなく、撮影に集中することができます。設定操作は、主にメイン設定リングと十字キーを使って、背面の2.5型液晶モニターを見ながら直感的に行えます。例えばISO感度は、ISOボタンを押しながらメイン設定リングで感度を選ぶというシンプルな操作で設定できます。SETボタンは撮影情報メニューを表示するためのもので、ホワイトバランス、圧縮率、解像度、露出補正、ブラケティング、プロファイルという、使用頻度の高い6項目を素早く簡単に設定できます。プロファイルは、さまざまな項目で好みの設定を選んで、名前を付けて登録できる機能です。よく使う設定の組み合わせを登録しておけば、呼び出すだけでいつでも同じ設定でスピーディーに撮影できるので便利です。

コンパクトで耐久性の高いボディ
ライカの製品が生涯にわたって愛用されることは、決して珍しくありません。ライカM9もまた然りです。センサーが大きくなったにもかかわらず、ライカM8やライカM8.2と同等のコンパクトさは変わりません。 139 x 37 x 80 mm の外観サイズでプロ仕様の撮影ツールとしてはもっともコンパクトです。フルメタルのシャーシは高強度のマグネシウム合金製で、トップカバーと
ベースプレートは大きな真鍮の塊から削り出したもの。デリケートな内部をしっかりと保護して
います。 また、デジタル部とシャッターユニットも、耐久性の向上を考慮して設計されています。
さらに、ファームフェアの無償アップデートを通じ、最新のテクノロジーがもたらす新機能の追
加も可能です。つまり、ライカM9は一生使えるパートナーとしての資質を備えているのです。ボディーの色は、ブラックペイントとスチールグレーペイントの2種類です。

ワークフロー
ライカM9には、Adobe Photoshop Lightroomのライセンスが同梱されています。プロ仕様のデジタルワークフローソルーションが Mac OS X または Microsoft Windows でご使用いただけます。ライカM9のお客様には無料で最新版をダウンロードして頂けます。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-03 16:41 | 他のライカ