I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その5。もう1回だけ...。

前回前々回と、あまりにも違いを明確に出来ない自分に腹を立てつつ、出来る範囲で拡大表示してボケとキレを表現してみました...
e0135059_12361388.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 x5

若干、ピン位置が怪しいですが、一応、焦点は赤い反射板に合わせています。
e0135059_1223971.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

e0135059_12242891.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(金目/No.184xxxx)

e0135059_1225733.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(No.257xxxx)s

e0135059_12254481.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第3世代(No.390xxxx)

e0135059_12263813.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第4世代(ASPH. No.398xxxx)
以上全て、Leica M6 HM + KODAK EKTAR 100 + UVa Filter + フード有り+ 開放F1.4 + 1/15s
画像クリックでさらに拡大表示します。

こうして見ると、現行(第4世代)のASPH.のキレとボケのメリハリが際立ちます。
第1世代はコントラストは出ているものの、スローシャッターだったせいかフレアが目立ちますね。
他のレンズも世代順に精細度が上がっているように感じます。
全体感ではどのレンズも綺麗な立体感が出ていますが、部分拡大ではそれなりに描写性能の違いが見えて来るようです。

釈然としないままですが、僕のスキルではこの程度の比較が限界のようです...
あとは目的と好みで...。
性能と希少度に比例して価格はそれなりなので、実用にするなら中後期かな。
眺めて、いじって楽しむなら前期...、結局どれも魅力的なんです。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-11 13:02 | M&Lレンズ