I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その4

さて、先日に続き歴代ズミルックス50mmの描写比較はフィルム(フルサイズ)で。
e0135059_1453699.jpg
M6 + SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

今回も期待に反して、大きな変化はありません...
同ブランド同名レンズなので、ある意味当然の結果と納得しつつ、良くも悪くもライカレンズの一貫性に感銘を受けるのみです。
e0135059_127062.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

e0135059_1345962.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(金目/No.184xxxx)

e0135059_1355881.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(No.257xxxx)s

e0135059_1374210.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第3世代(No.390xxxx)

e0135059_1383798.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第4世代(ASPH. No.398xxxx)
以上全て、Leica M6 HM + KODAK EKTAR 100 + UVa Filter + フード有り+ 開放F1.4 + 1/1000s

画面クリックで拡大表示(2カット/幅1600ピクセル)すると少々ですがキレとボケの差が解ります...。
(僕のスキルではこの程度が限界です...)
相対的に、フローティングシステム採用の第4世代(ASPH.)のボケは柔らかく合焦部のキレも良いです。
第1世代はハイライト部分で若干のフレアが出ますが、大きく描写を崩すものではありません。
第2〜3世代は完全に好みの問題で、描写に根本的な差は無いと思います。
最短撮影距離が1mか0.7mかの差や、レンズ外観が大いに選択の基準になりそうです。

結果、50年以上の年代差を感じさせない新旧ライカレンズの安定感に、改めて関心させられました。
画像を部分拡大するなど、さらに詳細を追求すれば当然違いを明白にすることは可能だと思いますが、写真の内容を軸とするなら全てのレンズが今の僕には十分な性能と言えそうです。

レンズ比較の為の試写は直感的な撮影というわけに行かず、常に不自由がつきまといます。
個々のレンズを1日1本ずつ持って気軽に歩くのが性に合っている。
と、改めて感じた撮影記録でした...。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-11 02:56 | M&Lレンズ