I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ Carl Zeiss T* Sonnar 85mm F2 ZM

また面白いレンズを試す機会を得ました。
e0135059_13433562.jpg
「赤い泥よけ」
東京 代々木
LEICA M6 0.85 HM + Carl Zeiss T* Sonnar 85mm F2 ZM + KODAK EKTAR 100

ツァイス映画撮影レンズの技術を盛り込んだ、大口径Mマウント望遠レンズ T* ゾナー 85mm F2 ZM
ツァイスレンズのキレの良さや破綻の無いボケ味は、さすが最新設計のレンズです。
発色もスッキリ。

このレンズの最大の特徴は、後群のレンズが焦点距離によってレンズ間隔を変動(6群6枚の内、何枚が可動状態かは?)させるフローティングシステム(近距離収差補正機構)が採用されていること。
このシステムは近距離撮影時に顕著に見られるディストーションを最小限に抑え、全ての焦点距離で最良の性能バランスを保つ機能です。
カメラからレンズを外し、ヘリコイドを回転させながらレンズ後部を覗き込むと、うにょ〜と後玉が前後します。
そう言えば、代4世代ノクティルックス F0.95 もフローティングシステムですね。
それにしても凄い機構を設計される人が居るもんだな〜、と関心するしかありません...。
通常のレンズでは、一般的に撮影頻度の高い特定の撮影距離を基準として各収差補正をしているそうです。

大口径望遠としては アンジェニュー 90mm F1.8 の方が口径比は大きいですが、複雑は機構が盛り込まれている分、外観はゾナー 85mm F2.0 の方がかなりマッチョ。
e0135059_14151959.jpg
「Carl Zeiss T* Sonnar 85mm F2 ZM」

独特のフォルムは嫌いじゃないですが...、なにしろ大きなレンズです。
レンズシェード含まず、でこのサイズですから...
[PR]
by andoodesign | 2009-06-28 14:47 | M&Lレンズ