I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:Summarit 50mm F1.5 ( 2 ) タグの人気記事

+ ズマリットの角形フード

ズマリット(SUMMARIT 50mm F1.5)にはコードネーム XOONS という角型(正確には8角形)のフードが用意されています。
e0135059_1748286.jpg
左から Leitz Xenon 50mm F1.5、Summarit 50mm F1.5、SUMMILUX 50mm F1.4 (1st)
(no.28xxxx / 1936年)、(no.109xxxx / 1953年)、(1st. / no.164xxxx /1959年 )

この角形フード、表記ではズマリット専用ですが、ネジ止式で同サイズなのでそのまま1世代前のクセノンにも装着できます。
縮面塗装でレトロ感ばっちりです。
本来、この世代のレンズならバルナック型に合わせないといけませんね...(M3も持ってないし...、ここはM6でガマンです。)
初代ズミルックスになると丸形のクリップ式フード XOOIM (12521) になりますが、これも縮面塗装でカッコイイです。
e0135059_17583186.jpg
「iPhone」
Leica M8 + Leitz Xenon f=5cm 1:1.5(No.28xxxx)

発表初年度(1936年)のクセノンですが、次世代のズマリット共にうっすら紫色のコーティングが施されています。詳細は不明。
逆光でもフードのおかげで少し斜に構えればなんとか踏ん張って描写性能を発揮してくれます。
もちろん、それなりに収差が顔を出しますが、特に嫌みな印象はありません。
描写の質はレンズの状態(個体差)によってかなり違うらしいので、ご参考程度です。

2009/07/22、東京は曇り空。あぁ〜皆既日食、終わっちゃいました...。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-22 18:36 | 写真 | Comments(12)

+ Leitz Xenon and Summarit f=5cm 1:1.5

ズミルックス 50mm F1.4 の歴史をさらに遡ると、1936年にシュナイダーからライセンスを得て発表された ライツ・クセノン 50mm F1.5 に辿り着きます。
e0135059_15303052.jpg
左から Leitz Xenon 50mm F1.5、Summarit 50mm F1.5、SUMMILUX 50mm F1.4 (1st)
(no.28xxxx / 1936年)、(no.109xxxx / 1953年)、(1st. / no.164xxxx /1959年 )

上の三本、名前こそ違いますが純血の兄弟、レンズ構成は同じ(5群7枚のガウス型)です。
コーティングや硝材を改良し描写性能を向上させながら、クセノンはズマリット、そしてズミルックスへと進化しました。

写真のクセノンは1936年製造で発売初年度の物のようです。
前玉の周囲には「Leitz Xenon f=5cm 1:1.5 no.28xxxx DRPa Taylor-Hobson British Patent 373950 and U.S.Patent 2019985」と刻印が入り、イギリスでクセノンの特許権を所有していたテイラー&ホブソン社の社名と英米でのパテントナンバーが記されています。
1936年には同レンズを改良しズマリットの名でライツF1.5の大口径レンズ座が引き継がれました。
このズマリットはスクリューマウントですが、M3登場に合わせてMマウント仕様も少数存在するようです。
e0135059_1663452.jpg
Leitz Xenon f=5cm 1:1.5(No.28xxxx)

e0135059_166569.jpg
Summarit f=5cm 1:1.5(No.1099317)

e0135059_1671335.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(No.257xxxx)
以上、すべて Leica M8 + ISO160 + 開放(F1.5 or 1.4) + 1/1500s + UVa Finter + フード有り
ズミルックスに関しては敢えて平均的な描写だった第2世代で比較しました。

クセノンは73歳の熟年レンズ。ズマリットでも56歳。
コーテングが未熟なせいか逆光にはとても弱く、レンズ正面から光を受けると画面全体が霞がかかったような写真になります。
ズマリットには専用のしっかりした角形フードが用意されていて、この時代のレンズにはフードがとても重要な装備だと感じます。
オールドレンズに個体差は付きもので、物によっては開放でのフレアが出たり画面周辺がソフトフォーカスのようにボケたりするそうですが、フードを付けて安定した光の条件下なら、これらの個体は開放からとてもクリアに描写するようです。
この三本ではズミルックスに安定感を感じますが、良い状態を保っているレンズなら、73年前のレンズでもしっかり仕事をこなせるということが分ります。
ライカ(シュナイダー?)の技術は、やっぱり凄いです...。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-22 16:57 | M&Lレンズ | Comments(12)