I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:NIKKOR-O 55mm F1.2 ( 12 ) タグの人気記事

+ ズーム的、NIKKOR-O 55mm F1.2

e0135059_15252458.jpg
「16」
LEICA M6 0.85 HM + NIKKOR-O 55mm F1.2 + KODAK GA 100-7

普通に撮っただけで画面周辺に向かって放射状にブレが広がる画像になります。
これは非点収差に見られる現象ですので、コマ収差のように絞りで解決出来る問題ではないようです...
やはり、CRT画面を近接撮影する目的で設計されたレンズなんですね。
通常撮影では、いろいろと難点が見えてきますが、このクセを逆手に取れば面白い(変な?)画像が得られる可能性も...?
合焦部のフレアがかったふんわり感は嫌いじゃないし...。
何れにしても、どっぷり浸れるレンズではありませんが、時々、恐いもの見たさで使う程度ならアリかもしれません。
e0135059_15414228.jpg
「リフレクター」
LEICA M6 0.85 HM + NIKKOR-O 55mm F1.2 + KODAK GA 100-7

[PR]
by andoodesign | 2009-05-09 15:55 | 写真 | Comments(20)

+ トイカメラ的、NIKKOR-O 55mm F1.2

e0135059_8462833.jpg
「ハナビシソウ」
LEICA M6 0.85 HM + NIKKOR-O 55mm F1.2 + KODAK GA 100-7

きょうは朝更新。
記録として掲載出来そうな NIKKOR-O 55mm F1.2 の画像をさっさと消化してしまおうという魂胆。
デジタルカメラ(M8)で撮るのとは違って、フィルムでの撮影は現像が上がるまで結果が解らないので、それまでを楽しみな時間として過ごせるというメリット(...?)があります。
その場で結果が確認出来る M8 でもほとんどがボツになるこのレンズ、フィルムだとさらに高い確率で全滅の可能性があります。
それでも、外れレンズやフィルム撮影の不確定要素を経験したせいか、いつしか失敗を寛容に受け入れられるようになっているようです。
そこで、自作のピンホールカメラやトイカメラを使って撮る感覚でつき合ってみると...
不安定な結果も楽しむことが出来るようになるから不思議です。

で、今朝はフレアが幻想的(?)なカットを一枚。
写ってるだけで、なぜか満足出来たりするものです。
[PR]
by andoodesign | 2009-05-09 09:14 | 写真 | Comments(8)

+ NIKKOR-O 55mm F1.2

NIKKOR-O 55mm F1.2 をフルサイズ(フィルム)で撮ってみました。
e0135059_20102834.jpg
「ハナビシソウ」
LEICA M6 0.85 HM + NIKKOR-O 55mm F1.2 + KODAK GA 100-7

ズームエフェクトをかけたように周辺が放射状に流れ、夜の点光源では劇的に暴れる元CRT撮影用のマウント改造レンズです。
M8では難儀したこのレンズですが、比較的近距離の被写体ならそれなりに写ってはいました。
若干の口径食はありますが、とりあえずイメージサークルがフィルムサイズに足りているようで、なにより...。
フィルムではどう写るか微塵も期待していなかったのですが、クセを掴めばとりあえず見られる写真にはなりそうです。
そして、55mm F1.2 という数値ながらとてもコンパクトで、M6に装着した見た目もなかなか精悍です。
写りにクセはありますが、大口径を軽快に使いたい時には良いかもしれません。
失敗に慣れて、いろんな意味で寛容になったせいか、M8 で使った時より好印象です...。
e0135059_2027220.jpg
「縦穴式住居」
LEICA M6 0.85 HM + NIKKOR-O 55mm F1.2 + KODAK GA 100-7

[PR]
by andoodesign | 2009-05-08 20:46 | 写真 | Comments(12)

+ 激グルグル

さて、12月も既に半分が過ぎようとしています。
不景気の影響か例年より小規模になっているようですが、僕もこの週末から忘年会が始まりました。
昨夜の飲み過ぎがたたって、今日は午後までまったり。
さすがに若い時にくらべて回復力が衰えて来たように感じます。
ほどほどにしないと年越しまで体が持ちませんね...

で、今回はオシロ・ニッコール 55mm F1.2 の点光源+激グルグルボケです。
回転方向にも放射方向にも輪郭が流れています。
このボケ方、特に前ボケで激しくなるようです。
ここまで形が崩れると、絵にもなりませんね...
e0135059_20204996.jpg
「激しくグルグル〜」

でも、このレンズの夜の点光源ボケは欠点ばかりではありません。
普通(?)に撮れば...、きれいにリング状の光ボケになります。
e0135059_2044063.jpg
「ボケ・ボール」

LEDの点光源はレンズテスト的にはいい素材ですが、本音を言うと何処もかしこも同じ様なイルミネーションばかりで、もうウンザリしてます。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-14 20:56 | 写真 | Comments(10)

+ モミジ散って、秋終る。

やっと色付いた紅葉ですが、散るのは早いですねー。
秋になる頃、「色付いた葉をどう撮ろうか...」などと思い巡らせていましたが、結局「これ!」と思える写真は撮れませんでした。
まあ、もともと風景は苦手ですし...。
あれ、そういえば人物も苦手...。
んー、いったい僕は何を撮って喜んでるんだろ...?
んーっ、深く考えると落ち込みそうなので、やめておきます。うーっ、アブナイ、アブナイ。

でも、日常の写真に季節感はつきものですから「何かそれっぽい画像を残したい。」と考えるのも人情ですよね...。
e0135059_17355672.jpg
「水とモミジ」

e0135059_1738023.jpg
「・・・ボケ」

で、水盤に浮かんだイロハモミジなど撮ったりするわけですが...
ご覧の通り、「普通の秋」になっちゃうんですよね。
ですが、力んでもなるようにしかならないので、そのまま素直に撮るしかないわけです。
「自然体!」と自分に言い聞かせて。

そして、新入りレンズの件、
まだクセが読めないニッコール -O 55mm F1.2、真っすぐ撮ればこんな素直な描写もしてくれます。
一枚目のフンワリ感、二枚目は前ボケの滲みが素晴らしいです。
後ボケと比較しても、やはりこのレンズが近接向けに設計されたことがよく解ります。
と、レンズ評価に逃げるわけですね。

そして、季節は冬へと移り変わって行くのでした...
[PR]
by andoodesign | 2008-12-11 19:36 | 写真 | Comments(6)

+ 激しいボケ

いつもの車輪ゲートです。
e0135059_044590.jpg
「ゲート」

日差しのせいでコントラストが高く、ハイライトは滲み、合焦エリア以外はもうガンガンにボケまくってます。
光と距離の条件によってまったく表情が変わるレンズ。読めません。なかなか手強いです。でも楽しい。
もっとデリケートな写りもしますが、こんなのもアリかな...
[PR]
by andoodesign | 2008-12-11 01:03 | 写真 | Comments(8)

+ もう1枚、枯れたアジサイ

今日もニッコール O 55mm F1.2。
試写を始めた頃は地味な印象でしたが、しばらく遊んでみるとなかなか面白い描写をしていることに気がつきます。
e0135059_9191738.jpg
「枯れたアジサイ」

特徴としては、中距離でのブラー効果(ズームしている様なボケ方)と近接でのとろけるような描写かな...、と感じてます。
対象を見失わないF1.2の被写界深度、円形ボケの安定感(意味不明)も気に入りました。
もちろん絞れば素直な写りをしてくれます。

もともと近接のフラット面撮影に専用設計された特殊レンズです。
一般撮影用レンズと同じ土俵で比較評価するのは止めて、このレンズの個性を楽しもうと思います。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-07 09:47 | 写真 | Comments(10)

+ NIKKOR-O 55mm F1.2 試写の巻 4(中距離/金属)

開放撮り、中距離は少しハードな質感で。
e0135059_13203829.jpg
「線路」

e0135059_1322494.jpg
「スーパーカブ」

ハイライトにはフレアが出て全体的にふんわりした印象。
ボケやはり放射状で、画面周辺に引っぱられて行くようです。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-06 13:37 | 写真 | Comments(2)

+ NIKKOR-O 55mm F1.2 試写の巻 3(近接/枯れた花)

近接、約50cmで開放撮りで。
e0135059_13115623.jpg
「アジサイ」

e0135059_137478.jpg
「テッポウユリ」

フワフワ描写になると思いきや、意外にしっかり写ってます。
やっぱり、逆光やハイライトには弱いので、深めのレンズフードは必需品です。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-06 13:16 | 写真 | Comments(4)

+ NIKKOR-O 55mm F1.2 試写の巻 2

プチ大口径なら夜の点光源を試すべし。
e0135059_20183826.jpg
「割れたグラス」

さすがにF0.95やF1.0の集光力には及びませんが、夜の手持ち撮影でもそれなりに威力を発揮します。
点光源のボケは比較的フットボール型に変形しにくいようで、綺麗なボケ・ボールを描いてくれます。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-05 20:27 | 写真 | Comments(2)