I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:Infrared photo ( 14 ) タグの人気記事

+ Catskill...家

4年前にもお世話になった友人夫妻宅で過ごします。
e0135059_19461547.jpg
「キャッツキルの家」

なんと贅沢なことに、このお宅、所有している広大な森の中に建てられています。さらに敷地内には川が流れ、誰にも邪魔されずフライフィッシングを楽しむことが出来ます。
e0135059_19531835.jpg
「キャッツキル・スタイル」

見渡す限りは森林。川のせせらぎと鳥のさえずり。
時々、鹿の親子が通過して行きます。
朝夕に竿を振り、夜には楽しい会話...
もー、サイコ〜!!!
[PR]
by andoodesign | 2008-06-23 20:00 | 写真 | Comments(4)

+ ・・・蒸し暑い

今日は暑かったですね〜。これからもっともっと暑くなるのに、先が思いやられます。
雲間からジワジワ照りつける太陽。地面から湿気がモワ〜っと上がって来ます。
e0135059_17595838.jpg
「・・・」

今日はコイツもグッタリです。(・・・今日も、か?)
散歩の時間はそろそろ夏時間に変更しましょう。
ちょと、ビールでも飲んできます。
[PR]
by andoodesign | 2008-06-06 18:48 | 写真 | Comments(10)

+ 雨ふって

また、水たまり。
e0135059_12345994.jpg
今年の4月は雨が多いです。地面にはたっぷり水がしみ込んで、既に飽和状態。
e0135059_12402575.jpg
風も強く、時々晴れ間を見せながら、不気味な雲が流れて行く。この後、また雨が降りだした。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-19 12:48 | 写真 | Comments(24)

+ ホロゴンで赤外写真

ホロゴンにUV/IRブロックフィルターを付ける目的で制作したフィルターアダプターは、どうやら赤外写真用のIRフィルター専用になりそうです。
e0135059_7531634.jpg
フィルターアダプター完成当初はフィルター背面から侵入した光が内面反射して醜い画像になっていました。その後は遮へい幕を付け加える等の工夫で快適に撮影出来るようになりました。

次回はウルトラワイドへリアー12mmで試してみようかな。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-05 07:59 | 写真 | Comments(2)

+ えっ、煙...。

メインで使っているノートパソコンの電源コードから煙が...。
e0135059_18152735.jpg
慌ててコンセントを抜いて、発火には至らず難を逃れた。ケーブルの中で電線がショートした模様。アップルストアに連絡、持込み。冷静に対処され、その場で新品に交換。何事も無かったように仕事に復帰。(バタバタで焦げたケーブルの写真を撮らなかった。)なんだかうまく言いくるめられたような...
だって、使用方法に問題があるなら無償交換はしないと思いません?
これでイイのか?アップル。
[PR]
by andoodesign | 2008-03-26 18:25 | 雑感 | Comments(10)

+ Hologon + R72 Infrared Filter ...TEST

ホロゴンで赤外写真のテスト。
e0135059_13271657.jpg
周辺光量が落ちて、イイ感じ。

...もう1点
[PR]
by andoodesign | 2008-03-22 13:32 | 写真 | Comments(4)

+ 先週から

R72フィルター付けっぱなしです。
e0135059_13395039.jpg
身近な被写体でもかなり楽しめました。アンダーなのもカッコイイかな...と。
e0135059_1435110.jpg
モノクロームにも興味が湧いてきましたよ。
人物も良いけど、ちょとハードルが高いかな。
やっぱり海とか山とか大自然があるところに行きたいですね。
[PR]
by andoodesign | 2008-03-11 14:37 | 写真 | Comments(4)

+ 午後は晴れたけど。

今日は外出しませんでした。
e0135059_2345288.jpg
花粉の飛散も少なかったようで、だいぶ楽に過ごせました。

ホロゴン用にUV/IRフィルタを作ってもらおうと思い、ある光学フィルタ製造会社に図面を描いて見積り依頼したところ、やはり想像以上に高額だったため、諦めました。
やっぱり、既存の円形フィルタを何らかの方法でレンズ前面に固定することを考えた方が早そうです...。よく考えたら、当たり前ですね。
[PR]
by andoodesign | 2008-03-10 23:47 | 雑感 | Comments(4)

+ M8、ひと月

本質的なライカの使い方からすると、きっと本道から逸れているのだろう。オレ。
e0135059_14445992.jpg
デジタルに移行したライカM8は、先駆者として35mmフィルムを使用してきたM型ライカとは一線を引き、別次元のモノになっていることは確か。歴代のL/Mレンズ群が変わりなく使えることは大きな魅力ではあるが、きっとレンズが設計された当時とは画角も写りも同じではない。
しかし、時代を経たレンズや最新のカメラに意味の違いがあっても、ライカはライカ。レンズの違いによる色やコントラストの違い、その表情の差に関心する。最新のデジタル機器を通しても、レンズの個性は確かに残るのです。本当にオモシロイ。そいうして、みなさん「レンズ沼」と呼はれる世界に足を踏み入れていくんでしょうね。
僕はといえば、先立つモノが無いのでそうした世界に行く事は出来ず、デジタルであることの恩恵を享受して、ファッションと共に楽しむのです。
でも、いつかは覗いてみたいなー、レンズ沼。
[PR]
by andoodesign | 2008-03-09 15:34 | 写真 | Comments(4)

+ 赤外補正

遠景を広角で撮る分にはピント合わせは目測でOKだったけど...
e0135059_12483173.jpg
近景をシビアなピント調整で撮影すると、少し遠くに焦点がズレてしまいます。
どうやら、赤色光は波長が長いためにピント面より後ろに焦点を結ぶそうで。そのため、赤外線撮影をするためには赤外補正マーク(通称Rマーク)がついているレンズを使用する方がベターのようです。しかし、僕が持っているレンズには1つもRマークはついてませんでした。(今までRマークの存在を気にしたことすら無かった。)
ですが、少々近景側にピントをずらして撮れば問題なくピントは合います。(勘に頼らざるを得ませんが...。)レンズによっても補正量は違うように思いますので、正確なデータを必要とするならそれぞれレンズでテストが必要でしょう。
ここでは写りを確認しながらピント補正してます。これもデジタルの強みですね。
赤外写真技法については、特殊表現写真サイト Photo Illusion の「デジカメで赤外写真」ページにとても分かりやすく解説されていました。
[PR]
by andoodesign | 2008-03-08 13:18 | 写真 | Comments(0)