I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:G-Hologon 16mm F8 M改 ( 30 ) タグの人気記事

+ some service counter (NY / Jun, 2008)

e0135059_1840547.jpg
「the interplay of light and shadow」
M6 + G-Hologon 16mm F8 M改 + FUJI Velvia100

e0135059_16525440.jpg
「a counter」
M8 + Canon TV Lens 50mm F0.95 M改 + UV/IR cut filter

e0135059_16533919.jpg
「Information」
M8 + Canon TV Lens 50mm F0.95 M改 + UV/IR cut filter

[PR]
by andoodesign | 2008-07-25 17:07 | 写真 | Comments(0)

+ 太陽 vs. ホロゴン16mmF8とキャノン50mmF0.95

e0135059_18481732.jpg
「フレア」
M6 + G-Hologon 16mm F8 M改 + FUJI Velvia100

e0135059_1682100.jpg
「木かげ」
M8 + Canon TV Lens 50mm F0.95 M改 + UV/IR cut filter

ここまでコントラストが高いと、さすがにぶっ飛びます。
[PR]
by andoodesign | 2008-07-25 16:23 | 写真 | Comments(0)

+ サブカメラ企画1...NY

ようやく少しフィルムスキャンしたので、ここらで「サブカメラ企画」に参加です。
ですが...画質がイマイチ...、んー、まいっか。気にせず遂行します!
(それより、スキャナをちゃんとしろという話もありますが...)

今回、M8+CanonTV50mmF0.95 x M6+Hologon16mmF8という組合せで、それぞれがどのような役目を果たすか...という試みです。
もとは銀治さんのブログ「サブカメラとはどんな存在なのか...」という呼びかけから始まったんですが、その時点では僕には即答出来る答えがありませんでした。
で、せっかく普段は持ち歩かない2台のカメラを持ってニューヨークを歩きましたので、少々時間は経過してしまいましたが、ここで結果報告をしておきます。

M8はデジタルカメラ、対してM6はフィルムでフルマニュアル。
と、同じライカでも対象的な立場。
さらに、使用レンズは大口径F0.95の50mmと超広角16mmというまったく別の個性を持った最近のお気に入りレンズ。
まあ、近いスペックのレンズでは微妙な違いを吟味するような芸の細かい撮影が求められてしまうので、違ってあたりまえの対局の方が分りやすくていいでしょ...。

さて、本題。まずはブルックリン地区での数枚です。
e0135059_22192213.jpg
「レール」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22202647.jpg
「レール」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

e0135059_22231166.jpg
「杭」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22241064.jpg
「杭」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

e0135059_2225773.jpg
「クリート」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22263421.jpg
「クリート」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

撮影時の露出やスキャンの都合で色調がずいぶん違いますが、ほぼ同じ立ち位置から二台二様の表情になりました。

もともと構図を揃える等で二者を比較するような考えは持っていませんでした。それぞれの得意分野があるので、同じ被写体でそれぞれ個性が出るように撮りたかったんですが。なかなかイメージ通りにはいきませんね...。
基本的に一台しか持ち歩かない僕にとって、サブカメラとはダブルメインとして使い分ける相方的存在。またはメインが何らかの理由で使用不可になった時の保険的な存在。
なのかな?

比較としては、「部分」と「全体」みたいな感じになりすぎたかな...、と少々反省。
でも、この「企画」というか「二台持ち」は熟れて来ると面白くなりそうな予感...
です。

次回はもう少しマシなショットを探しておきます。
[PR]
by andoodesign | 2008-07-09 23:06 | 写真 | Comments(20)

+ NY...ちょとホロゴン16mmで。

メインはM8にキャノン50mmF0.95、サブはM6にホロゴン16mmF8、という組合せで、あとはエルマー50mmF2.8とリコーレンズGR21mmを補助として持参しています。今のところ、これで充分です。

で、M6にはホロゴンを付けっぱなしでしたが、何しろ天気が良い。
F0.95では明る過ぎるシーンが多いことと、なにも同じMマウント同士でその互換性を殺す必要は無い...と、ちとM8にホロゴン付けて撮ってみました。
e0135059_1893272.jpg
「a corner」

日本の湿った空気とは対照的で、キレの良い日差しです。日中はかなり暑い...
今日は突然の夕立に遭い、カフェに逃げ込み難を逃れました。そして30分後、また快晴に。
Meat Market付近で、
e0135059_18123223.jpg
「水たまり」

そして、この街は人種の坩堝。皆、隣人を気にもとめず雑踏の中を歩きます。
適当にシャッターを切るだけで...
e0135059_18184114.jpg
「横断」

横断歩道は、こんな光景です。
M6でどう写ってるか...、不安です...。
[PR]
by andoodesign | 2008-06-25 18:31 | 写真 | Comments(6)

+ 久しぶりに、ホロゴン

先日キャノンF0.95撮った蓮の花がまた開いてました。
今日はホロゴン16mmで撮ってみました。
同じ花でもこんなに表情が変わるんですね〜。近接30cm、この描写力も魅力あります。
e0135059_12351789.jpg
「蓮花」

ついでに木の根っこも...。
e0135059_1249841.jpg
「ROOTS」

UV/IRフィルター装着でレンズ検知OFFなので、周辺はシアン被りしてますね...。
ホロゴンはこの色調整が難しいです...。

現在のホロゴン仕様は...
[PR]
by andoodesign | 2008-05-28 13:30 | 写真 | Comments(16)

+ 連休?

世間はゴールデンウィークですが、僕はこの期間を休暇として使いません。今年は(今年も)溜まった宿題(仕事?)を消化するべく、都内で悶々と過ごす予定です。
休むなら...混雑や旅費の高騰する時期を避けて...、と思いつつ数年が過ぎてます。
e0135059_20224186.jpg
ここ数日、ホロゴンを付けっぱなし。写真は自宅テラスの排水溝に生えた謎の雑草です。
何となく愛おしくて、抜かずに見守ってます。(排水が詰るとマズいので、大きくなったら空いた鉢に移します。)陰影がきれいだったので、敢えてモノクロで。

オマケ
[PR]
by andoodesign | 2008-04-30 21:31 | 写真 | Comments(18)

+ 国立新美術館

展覧会(アーティスト・ファイル2008)を観ました。場所は乃木坂、 国立新美術館
e0135059_17582122.jpg
昨年10月に亡くなった黒川紀章氏が設計した美術館です。
この美術館はコレクションを持たず、展示のカテゴリーも限定せず、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす目的を持っています。会館してから約1年経ち、六本木ヒルズやミッドタウンに人が流れるせいか、入場者数は落ち着いた感じで、ゆっくり作品鑑賞出来ます。もちろん写真の展示もあり、とても勉強になります。

今や携帯電話で撮影したデジタル写真でさえアートの素材になる時代...。最終的には目的と感性ですかねー。趣味なら気楽でいいですが、少しは絵として成立する写真が撮れるようになりたいものです。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-28 18:22 | 写真 | Comments(18)

+ ホロゴンで赤外写真

ホロゴンにUV/IRブロックフィルターを付ける目的で制作したフィルターアダプターは、どうやら赤外写真用のIRフィルター専用になりそうです。
e0135059_7531634.jpg
フィルターアダプター完成当初はフィルター背面から侵入した光が内面反射して醜い画像になっていました。その後は遮へい幕を付け加える等の工夫で快適に撮影出来るようになりました。

次回はウルトラワイドへリアー12mmで試してみようかな。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-05 07:59 | 写真 | Comments(2)

+ スミレ

石垣の隙間にスミレが咲きました。
e0135059_20454012.jpg
目地に根をはる小さなスミレは毎年同じ場所に花を咲かせます。
最近、ホロゴンはUV/IRフィルターを付けず、裸の状態で使ってます。M8のレンズ検出はOFFに。周辺光量が落ち、同時に彩度も落ちるのでスミレに焦点が絞られます。 赤外線被りは植物の色彩にも影響するのですが、この写真の色再現は比較的良いです。
やはり、光の状況によって色の再現性には幅があり、安定感はありません。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-02 21:34 | 写真 | Comments(0)

+ 今日のホロゴン

朽ちた大谷石の塀に立てかけられたペンキ屋さんのハシゴ。
e0135059_22174465.jpg
意図せず迷彩柄に塗装され擬態をしている様に背景に馴染んでます。
[PR]
by andoodesign | 2008-04-01 22:10 | 写真 | Comments(2)