I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:6bit OFF ( 4 ) タグの人気記事

+ 街と人々

e0135059_22434963.jpg
「酒処 妙」
東京 銀座
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)

普段はあまり多くの物(人)が入り込んだ写真は撮らない。
と言うか、撮れない...。
特に理由はないけど、雑多な印象になるのを無意識に避けているんだと思う。
それに、街中では人にレンズを向けるのも気をつかう。
そんなことからか、最近は少し引いて撮ることも意識するようになった。
ただ寄って背景をボカすしか能のない僕が少し引いてファインダーを覗くと、標準的な50mmレンズでも意外なほど多く情報が入り込む。
散漫な画面にならないように的を絞らなければならない。
そんな時はF1.0の薄いピントなら比較的容易に見る人の視線を誘導出来る。
逆にパンフォーカスの場合は構図や陰影を効果的に利用しなければ主題は曖昧なままだ。
そういう意味でパンフォーカスのスナップ撮影ではピントの許容範囲が広い反面とても難しい部分を持っている。
いつかはそんな撮り方に傾倒して行くのかもしれない。
まあ、それ以前に何に的を絞るかが重要だな...。
あ、的になる被写体との出会いがもっと重要だ。

露天テーブルが快適な季節。
「酒処 妙」で飲む異邦人。
...しかし、でかい背中だ。

カメラを構えてしばらくそのまま様子を見る。
画角に入るのを嫌う人はその反応で分る。
嫌がられたら素直にカメラを降ろす。
気付いているのに反応が無ければOKだ。
かといって、しつこいのはいけない。
1〜2枚撮ったらさっと立ち去る。
控え目な撮り方だ...。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-25 00:07 | 写真 | Comments(26)

+ 今週の平日...

明日から平日を2日過ごすと、もう週末...。
ラボも明日から平常営業、ぼちぼちフィルムも行っときます。
e0135059_17382816.jpg
「ママチャリ」
東京 銀座
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)

[PR]
by andoodesign | 2009-09-23 21:59 | 写真 | Comments(12)

+ 秋の夕べに

世間はシルバーウィーク真っただ中、ワタシといえば相変わらずまったりお仕事してます...。
e0135059_1753960.jpg
「野菜」
東京 銀座
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)
(↑かなり周辺が暗いですが、環境が暗かっただけです...。M9のせいではありません。)

さて、そろそろM9での作例も出回って来て、広角レンズでも安定した周辺光量を実現していることが分りました。
この分だと、G-ホロゴン16mm F8(Mマウント改)など、バックフォーカスが短い超広角レンズもストレス無く個性的な描写を楽しむ事が出来そうです。
ぼちぼちM9情報も飽きられていると思いますので、ぼちぼち写真メインで進めることにします。
フルフレーム・デジタルMの実現は画期的な出来事ですが、考えてみたらフルサイズ(ライカ判)撮影は銀塩カメラにとっては当り前のことですしね...。

とは言え、そろそろM9出荷開始まであと数日、まずは皆さんの情報を楽しみに待つことにします。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-22 22:02 | 写真 | Comments(20)

+ 速報!Leica M9 x Noctilux 50mm F1.0

さてさて、いきなり本題。
本日都内某所にてライカM9(スチールグレー)との初対面を果たし、おまけに相棒(自前)のノクティルックス50mm F1.0(E60)とのセットで夜の街をテスト撮影する機会を得る事が出来ました〜!!
「蛇の道は蛇」とは他人の話と決めつけていましたが、モノ好きが高じると時々良い事もありますね...(あれ、不運...?)
e0135059_356318.jpg
「倒れたコーン」
Leica M9 + Noctilux 50mm F1.0 (E60)
6bit OFF + F1.0 + ISO160 + 1/15s

いよいよ未体験ゾーンに突入しました...。感涙。
ノクチをフルフレームデジタルで撮影出来るなんて...、「スゴイ!」のひと言です。
(因みに、この個体はライカ銀座のサンプルではありません。)
M9の使い勝手はM8と殆ど一緒なので、違和感無く撮影に臨むことが出来ました。
DNG(RAWモード)最高画質での記録スピードは感覚的にM8と変わり無いので、画素数の違いを考えると処理スピードは上がっていると言って良いと思います。
上の作例は、「レンズ検知OFF」での写りですが、心配していた画面周辺あたりの光もフィルムと同等に拾えている様子で、レンズ検知「ON」の場合と大きな変化は感じませんでした。
(後日、比較例も掲載したいと思います。)
UV/IRフィルターも要らない上に、気になる色被りも感じません。
そして...、他にも書きたい事が沢山ありますが、今日はとりあえず「速報」までです。嗚呼、余韻...


そんな中、M9の出荷予定は先が見えなくなっているようですね...。

M9、「納期延期」改め「納期未定」に...。泣。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-20 04:20 | Leica M9 | Comments(10)