I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:レンズ比較 ( 9 ) タグの人気記事

+ 3本の SUMMILUX 35mm F1.4(球面/第1世代 〜 ASPHERICAL/第2世代)

e0135059_0472216.jpg
SUMMILUX 35mm F1.4
第1世代/球面最初期 ・ 第1世代/球面 ・ 第2世代/手磨き非球面
(No. 177xxxx / 1960年)(No. 239xxxx / 1970年)(No. 346xxxx / 1988年)

さて、次は35mmのズミルックスです。
M4に似合うレンズNo.1として勝手に第1世代の球面ズミルックス35mmを上げていた僕ですが、今回は、通常使っている第1世代中期の球面ズミルックスに加え、貴重な第1世代初期、そしてなんと第2世代の手磨き非球面(ASPHERICAL)を試すチャンスに恵まれました。

第1世代の最初期(写真左)はメガネ付きではなく、レンズ単体にOLLUXフードが付いています。
丸形フードの上下部分を直面で切り取ったようなユニークな形をしています。
レンズ構成は中期(写真中央)の物と同じですが、写りにどんな差が出るか興味津々です。
第1世代中後期は シリーズ 7 フィルターを挟み込めるタイプの12504フードが用意されていましたが、M4の遣れた姿に合わせて敢えて傷んだフードを組んでいます。
そしてそして、第2世代の手磨き非球面は超貴重なレアレンズです。
第3世代の非球面(ASPH.)と外観は殆ど同じですが、レンズ前面にある「非球面」を意味する刻印が「ASPHERICAL」と略さず表示されていることで判別されます。
(第3世代は現行ライカレンズの標準的な表示方法「ASPH.」と略した表示になっています。)

フォーマットはもちろん135判フルサイズ。
合わせるカメラはM4とM6、フィルムは最近お気に入りのエクター100で撮ってみます。
[PR]
by andoodesign | 2009-09-28 01:42 | M&Lレンズ | Comments(21)

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その5。もう1回だけ...。

前回前々回と、あまりにも違いを明確に出来ない自分に腹を立てつつ、出来る範囲で拡大表示してボケとキレを表現してみました...
e0135059_12361388.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 x5

若干、ピン位置が怪しいですが、一応、焦点は赤い反射板に合わせています。
e0135059_1223971.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

e0135059_12242891.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(金目/No.184xxxx)

e0135059_1225733.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(No.257xxxx)s

e0135059_12254481.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第3世代(No.390xxxx)

e0135059_12263813.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第4世代(ASPH. No.398xxxx)
以上全て、Leica M6 HM + KODAK EKTAR 100 + UVa Filter + フード有り+ 開放F1.4 + 1/15s
画像クリックでさらに拡大表示します。

こうして見ると、現行(第4世代)のASPH.のキレとボケのメリハリが際立ちます。
第1世代はコントラストは出ているものの、スローシャッターだったせいかフレアが目立ちますね。
他のレンズも世代順に精細度が上がっているように感じます。
全体感ではどのレンズも綺麗な立体感が出ていますが、部分拡大ではそれなりに描写性能の違いが見えて来るようです。

釈然としないままですが、僕のスキルではこの程度の比較が限界のようです...
あとは目的と好みで...。
性能と希少度に比例して価格はそれなりなので、実用にするなら中後期かな。
眺めて、いじって楽しむなら前期...、結局どれも魅力的なんです。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-11 13:02 | M&Lレンズ | Comments(12)

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その4

さて、先日に続き歴代ズミルックス50mmの描写比較はフィルム(フルサイズ)で。
e0135059_1453699.jpg
M6 + SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

今回も期待に反して、大きな変化はありません...
同ブランド同名レンズなので、ある意味当然の結果と納得しつつ、良くも悪くもライカレンズの一貫性に感銘を受けるのみです。
e0135059_127062.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)

e0135059_1345962.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(金目/No.184xxxx)

e0135059_1355881.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第2世代(No.257xxxx)s

e0135059_1374210.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第3世代(No.390xxxx)

e0135059_1383798.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 第4世代(ASPH. No.398xxxx)
以上全て、Leica M6 HM + KODAK EKTAR 100 + UVa Filter + フード有り+ 開放F1.4 + 1/1000s

画面クリックで拡大表示(2カット/幅1600ピクセル)すると少々ですがキレとボケの差が解ります...。
(僕のスキルではこの程度が限界です...)
相対的に、フローティングシステム採用の第4世代(ASPH.)のボケは柔らかく合焦部のキレも良いです。
第1世代はハイライト部分で若干のフレアが出ますが、大きく描写を崩すものではありません。
第2〜3世代は完全に好みの問題で、描写に根本的な差は無いと思います。
最短撮影距離が1mか0.7mかの差や、レンズ外観が大いに選択の基準になりそうです。

結果、50年以上の年代差を感じさせない新旧ライカレンズの安定感に、改めて関心させられました。
画像を部分拡大するなど、さらに詳細を追求すれば当然違いを明白にすることは可能だと思いますが、写真の内容を軸とするなら全てのレンズが今の僕には十分な性能と言えそうです。

レンズ比較の為の試写は直感的な撮影というわけに行かず、常に不自由がつきまといます。
個々のレンズを1日1本ずつ持って気軽に歩くのが性に合っている。
と、改めて感じた撮影記録でした...。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-11 02:56 | M&Lレンズ | Comments(8)

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その3

風と雨、屋外での撮影はキビシイので、今回は室内で先日のつづき...
以下は集結した歴代の ズミルックス 50mm F1.4、計5本。
e0135059_21274151.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 x 5

左から、第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)、第2世代(金目/No.184xxxx)、第2世代(No.257xxxx)、第3世代(No.390xxxx)、第4世代(ASPH. No.398xxxx)

今回、第1世代と初期の第2世代をお借りしました。
まず第1世代はとても鮮やかなブルーコートが印象的です。
この個体は「逆ローレット」と呼ばれ、ヘリコイドリングに刻まれた溝の位置が通常と違うレアモデルです。
(2本のシルバーモデルの鏡筒を確認すると違いが解ります。)
そして2年後の1961年に発表された第2世代、モデルチェンジは No.1844001 からなので、写真の個体(左から2番目)は最初期のものであることが分ります。
この個体は「金目」と呼ばれ、コーティングが金色に輝いてます。
続くレンズの情報は先日の記事で。

日中時間が無く夜も外は雨なので、とりあえずM8で室内撮りしてみました。
e0135059_22530100.jpg
SUMMILUX 50mm F1.4 TEST
Leica M8 + UV/IR filter + ISO160 + F1.4 + 1/45s + フード無し
(並び順は上のレンズ画像と同じ。画像クリックで拡大表示します。)

意外に第1世代からフレアっぽい印象はありません。
んー、正直あまり変わりませんね...
強いて言えば点光源ボケの輪郭と二線ボケでしょうか...
フルサイズならもっと顕著に違いが出て来そうですが、とりあえずM8ではこの程度です。

撮り方工夫して、M6で再度挑戦してみますね...。反省
[PR]
by andoodesign | 2009-07-08 22:43 | M&Lレンズ | Comments(29)

+ あぁ...、NOCTILUX 50mm F0.95 ASPH. ...

どうやら、遅れに遅れていたライカの 新ノクティルックス 50mm F0.95 ASPH. が供給開始されたようですね。
e0135059_2171746.jpg
「リヤカー」
東京 代々木
LEICA M6 0.85 HM + NOCTILUX 50mm F1.0 (E60) + KODAK GA 100-7 + F1.0

市販価格は約100万円?。あぁ...
金額はもちろん、自分の立場を考えると分不相応過ぎて簡単には手が出せません...
と、昨年秋の製品発表当時から雲の上の存在として物欲リストから完全に外していました。
で今日、銀治ぃさんの記事で供給開始の事実を知り、David Farkas 氏のブログに公開されたM8.2で撮影された試写画像を確認しました。

...素晴しいです。

M8.2での撮影なので、フルサイズでの周辺描写にどの程度の破綻(?)が出現するか気になりますが、少なくともM8.2での描写は充分な周辺光量と合焦部のキレ、そして本当に滑らかなボケでした...。
フローティングシステムや非球面レンズの採用で現代的なカリカリの硬い絵になると想像していたんですが、キレがありつつとても優しい写りに見えます。
開放F0.95でのフレアも最小限に抑えられているようです。
まだ大量に出荷されている様子はないので、作例が出回るまでしばらく時間がかかるかもしれませんが、ようやくその存在が現実味を帯びてきました。
どうやら、気になる1本になることは確実です...
それにしても、生産量、少なそうだな...
e0135059_2181066.jpg
「シロツメクサ」
東京 代々木
LEICA M8 + Schneider Xenon 50mm F0.95 (Leica M-mount) + UV/IR filter + F0.95

[PR]
by andoodesign | 2009-06-01 21:39 | 写真 | Comments(14)

+ お蔵入り F0.75

やっぱり、ダメでした...。F0.75の夢。
e0135059_161578.jpg
e0135059_164391.jpg
「.75の夢」

左が CANON LENS XI 65mm F0.75 右が Rodenstock TV-Heligon 50mm F0.75 です。
当然、極太でキャノンの外径は105mmもあります!
何用のレンズかは不明ですが、おそらくキャノンは医療用、ヘリゴンは宇宙観察用と思われます。
(どなたかご存知でしたら、お知らせください!)

実は、ここにも時々コメント下さる kinoplasmat さん が既に De Oude Delft Rayxar 50mm f0.75 のMマウント化に成功しており、M8で大変興味深い写真を撮られています!
(但し、ピントは約2m固定、イメージサークルはM8でもケラレるようです。)
そのお姿は豪快!そして写真はウットリ、です。
ぜひ、ご覧下さい!

そんなこんなで、仕入れたレンズ達をM8に乗せて超々大口径の世界を体感しようと思い、毎度お世話になっているM氏にお預けして相談しました。( kinoplasmat さんの0.75もM氏の手によるものです。)
無限遠は出なくても5m程度の距離までヘリコイド機能を持たせたい...、というのが僕の希望...。
結果は、何れもバックフォーカスが短い(ヘリゴンで4.7mm)ので、レンズ本体にかなり手を加えないとマウント改造出来ず、M8での使用を諦めたとしても現時点での市販カメラでは無限遠を出すのは不可能と判明しました。
無理をすると、シャッター幕との接触=破損です。

他に装着出来る可能性が大きい機種として考えられるのは...?
最近発表されたマイクロフォーサーズ機。
この規格ならイメージサークルは足りるし、バックフォーカスも接近させられる可能性が...。などと儚い希望を持ちました。
が、やっぱりこれもシャッター幕との位置関係で無限遠は出せそうにありません...
(現時点では唯一のマイクロフォーサーズ機、パナソニック LUMIX DMC-G1のシャッター幕はCCD面から9.3mmもあるそうです...)
デジタルならシャッターを電気的に処理すればシャッター幕は無くても良いのでは...? とも思えるのですが、それには理由があるはずですね...。M8にもシャッター幕があるし。

で、無理せず他の方法で有効活用出来るチャンスを窺がおう、ということになりました。
例えば、シャッター幕を持たないマイクロフォーサーズ機の出現などを期待して...。
なにしろ大きなレンズ、保管するだけで防湿庫内はパズルのようです。トホ。

こうやって人の手を渡って来たのかな...、このレンズ達。
TV ヘリゴンの方は「TV」の名が付くということに加え、比較的「小型」だったので、期待してたんですが...
んー、僕は諦めません。
[PR]
by andoodesign | 2008-11-27 17:19 | M&Lレンズ | Comments(10)

+ YAKUMO 50mm F0.95 TV LENS 外観

お待たせしました。今日はレンズの外観を、M8に装着して。
e0135059_13115242.jpg
e0135059_13123119.jpg
元のレンズは1インチCCD用のCマウント。宮崎さんの改造によってライカMマウント化した物です。
レンズ本体に「YAKUMO」等のブランド名は何処にも印字されていません。(シリアル番号も無い!)
ヘリコイド部分を分解し、新たに設計されたMマウント用ヘリコイドに再構成されています。
当然、レンズ本体には手は加えられていません。

主な仕様は...
焦点距離: 50mm
絞り値: f/0.95~f/16
撮影距離: 0.7m~∞(距離計連動)
フィルター径: 62mm
質量: 約420g
全長: 64mm(マウントより)、71mm(マウント含む)

TV仕様なので、やはり絞りリングにクリックストップは無く、無段階です。
おそらく最近の改良として、絞りリング固定用のピンネジが追加されています。
このピンネジで絞りリングを任意の位置に固定すれば、ピント合わせ時の指かけにもなりますので、改造後も有効に機能します。

流通レベルを想定すると、幾つか追加したいパーツ(機能)はあります。
例えば、レンズを近接側に繰り出して行く際にヘリコイド部分とレンズ本体の隙間が大きくなるので、ピントリングとして機能するカバーを追加したい。(ピントリングは270度程の回転でストッパーが働き、レンズ脱落を防止するところまでは改良済)
レンジファインダーの距離計に連動し、ピント合わせに支障は無いが、レンズには距離指標や被写界深度指標は印字されていないので、製品レベルでは不足を感じる。等
まあ、無くても写る画像は変わらないので、実用優先なら何も問題はありません。
e0135059_1358132.jpg
レンズフードは宮崎さんの薦めで、MSオプティカル製(宮崎さんの設計)を採用しました。
このフードは ニッコールN 50mmF1.1 用に特別に製作されたフードで、限定で3個しか作られなかったものの1つ。
画像では大きなフードに見えますが、実際はカメラ本体底蓋と同じレベルに収まってます。
その他、M8での撮影に必要なUV/IRカットフィルターはB+W製。
[PR]
by andoodesign | 2008-10-11 14:27 | 写真 | Comments(13)

+ F0.95 x F0.95

今日の銀治さんのブログで、ライカ社がウェブで公開している新ノクティルックス 50mm F0.95 ASPH. の作例を利用して、その性能を分析しています。
ボケや非点収差の検証など、大変興味深い内容で、新ノクチに興味が無くてもためになる内容なので、是非見て下さい。

で、それに感化されてノクティルックスに縁がない僕は、手元にある2本の大口径50mmレンズ(キャノン TV 50mm F0.95 と、シュナイダー クセノン 50mm F0.95)の収差を比較してみました。
e0135059_19553418.jpg
M8 + Canon TV Lens 50mm F0.95

e0135059_19562930.jpg
M8 + Schneider Xenon 50mm F0.95

夜間、点光源のピンぼけは円形の輪郭をつくり、よく絵づくりに利用されます。
画面中央のリングボケは、真円に近い輪郭をつくり、画面の四隅に近くなる(中心から離れる)ほど、レンズの断面のような紡錘形に変形して行きます。
また、ボケの輪郭もクッキリしていたり、柔らかかったりと、レンズの違いで表情が変わって来ます。

1枚目はキャノンで、リングボケの輪郭がはっきりしています。
それに対して、2枚目のクセノンはボケの内側には色が乗っていますが、比較的輪郭は柔らかい印象です。
キャノンは収差が大きくて評判の悪い(?)レンズですが、リングボケの扁平率はクセノンの方が大きいです。
これはグルグルボケが起こりやすいことを示しているのではないでしょうか?
その他、レンズとしては同じ50mm表記ですが、視野はクセノンの方が広いことが分ります。

この2本レンズの違いに興味を持つ人は、ごく少数の変人だとは思いますが...、
時期を見て日中にも試したいと思います。
[PR]
by andoodesign | 2008-09-18 20:44 | M&Lレンズ | Comments(14)

+ サブカメラ企画1...NY

ようやく少しフィルムスキャンしたので、ここらで「サブカメラ企画」に参加です。
ですが...画質がイマイチ...、んー、まいっか。気にせず遂行します!
(それより、スキャナをちゃんとしろという話もありますが...)

今回、M8+CanonTV50mmF0.95 x M6+Hologon16mmF8という組合せで、それぞれがどのような役目を果たすか...という試みです。
もとは銀治さんのブログ「サブカメラとはどんな存在なのか...」という呼びかけから始まったんですが、その時点では僕には即答出来る答えがありませんでした。
で、せっかく普段は持ち歩かない2台のカメラを持ってニューヨークを歩きましたので、少々時間は経過してしまいましたが、ここで結果報告をしておきます。

M8はデジタルカメラ、対してM6はフィルムでフルマニュアル。
と、同じライカでも対象的な立場。
さらに、使用レンズは大口径F0.95の50mmと超広角16mmというまったく別の個性を持った最近のお気に入りレンズ。
まあ、近いスペックのレンズでは微妙な違いを吟味するような芸の細かい撮影が求められてしまうので、違ってあたりまえの対局の方が分りやすくていいでしょ...。

さて、本題。まずはブルックリン地区での数枚です。
e0135059_22192213.jpg
「レール」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22202647.jpg
「レール」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

e0135059_22231166.jpg
「杭」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22241064.jpg
「杭」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

e0135059_2225773.jpg
「クリート」M8+Canon TV Lens 50mm F0.95 M改

e0135059_22263421.jpg
「クリート」M6+G-Hologon 16mm F8 M改

撮影時の露出やスキャンの都合で色調がずいぶん違いますが、ほぼ同じ立ち位置から二台二様の表情になりました。

もともと構図を揃える等で二者を比較するような考えは持っていませんでした。それぞれの得意分野があるので、同じ被写体でそれぞれ個性が出るように撮りたかったんですが。なかなかイメージ通りにはいきませんね...。
基本的に一台しか持ち歩かない僕にとって、サブカメラとはダブルメインとして使い分ける相方的存在。またはメインが何らかの理由で使用不可になった時の保険的な存在。
なのかな?

比較としては、「部分」と「全体」みたいな感じになりすぎたかな...、と少々反省。
でも、この「企画」というか「二台持ち」は熟れて来ると面白くなりそうな予感...
です。

次回はもう少しマシなショットを探しておきます。
[PR]
by andoodesign | 2008-07-09 23:06 | 写真 | Comments(20)