I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ タグ:その他 ( 36 ) タグの人気記事

+ Hasselblad SWC/M つづき

さっそく近所で撮影して来ました。
撮影している姿は端から見たら相当ギクシャクして見えるでしょうね。
少し撮りためて現像に出しますので、初 SWC/M での画像は週末頃になりそうです。あしからず。
なので、とりあえず SWC/M 用に用意したアクセサリーの紹介でお茶を濁すことにします。
e0135059_179392.jpg
「SWC/M」

まずはフード。
入手時から純正のフードとフィルター固定用のリングは付属していなかったので、フィルターを装着出来るように毎度お世話になっている宮崎氏設計のMSオプティカル製システムフードを使ってみることにしました。
ハッセルブラッド独自の63mmネジ径(?)に合わせたフードは内周に62mm径のネジが切ってあるので、市販の62mmフィルターそのまま使えます。
(ちなみに上の画像はケンコー L41 Super PRO WIDE を装着した状態です。)
さらにフード外周部が前後に分割可能で、82mm径のフィルターが挟めるようになっています。スリットはファインダーのケラレを抑えると共にPLフィルター等を装着した際にその効果を確認しながら撮影出来るよう考えられています。
純正フードより浅いような気がしますが、82mm径フィルターを装着した際の厚み増加分を差引いたサイズになっているんでしょうね...

で、もう入手出来ないだろうと思っていたアングルファインダー。
e0135059_17572174.jpg
「コシナ SWC用アングルファインダー」

2006年の500本を最後に生産終了したファインダーですが、たいへん評判が良く、多くのSWCユーザーが高く評価しています。
横浜の千曲商会に新品がありましたー。(なぜか現時点であと1本は在庫があるようです。)
とても明るくて見やすいです。
視野率は95%ですが、角が丸くなっていること以外はほぼ完璧に画角をカバーしていくれるようです。(まだ実感はしていませんが...)
難点は全体的に可動部(視度調整リング、接眼部の回転)の止まりが緩く、意図せず回ってしまうこと。(やっぱりパーマセルテープで固定しました。)
アクセサリーシューも緩めなので、ファインダーごと抜けないように紙を挟んできつくしました。

その他、A&Aのストラップ。

あと、僕の場合アナログカメラに露出計は必需品です。カンでは無理です...
以前から使っていたセコニック(STUDIO DELUX)を使っていますが、もっと小型で軽いのが欲しい...。

とりあえず、そんなところです。
あぁ、モノオタク。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-22 18:21 | 他のカメラ | Comments(12)

+ お蔵入り F0.75

やっぱり、ダメでした...。F0.75の夢。
e0135059_161578.jpg
e0135059_164391.jpg
「.75の夢」

左が CANON LENS XI 65mm F0.75 右が Rodenstock TV-Heligon 50mm F0.75 です。
当然、極太でキャノンの外径は105mmもあります!
何用のレンズかは不明ですが、おそらくキャノンは医療用、ヘリゴンは宇宙観察用と思われます。
(どなたかご存知でしたら、お知らせください!)

実は、ここにも時々コメント下さる kinoplasmat さん が既に De Oude Delft Rayxar 50mm f0.75 のMマウント化に成功しており、M8で大変興味深い写真を撮られています!
(但し、ピントは約2m固定、イメージサークルはM8でもケラレるようです。)
そのお姿は豪快!そして写真はウットリ、です。
ぜひ、ご覧下さい!

そんなこんなで、仕入れたレンズ達をM8に乗せて超々大口径の世界を体感しようと思い、毎度お世話になっているM氏にお預けして相談しました。( kinoplasmat さんの0.75もM氏の手によるものです。)
無限遠は出なくても5m程度の距離までヘリコイド機能を持たせたい...、というのが僕の希望...。
結果は、何れもバックフォーカスが短い(ヘリゴンで4.7mm)ので、レンズ本体にかなり手を加えないとマウント改造出来ず、M8での使用を諦めたとしても現時点での市販カメラでは無限遠を出すのは不可能と判明しました。
無理をすると、シャッター幕との接触=破損です。

他に装着出来る可能性が大きい機種として考えられるのは...?
最近発表されたマイクロフォーサーズ機。
この規格ならイメージサークルは足りるし、バックフォーカスも接近させられる可能性が...。などと儚い希望を持ちました。
が、やっぱりこれもシャッター幕との位置関係で無限遠は出せそうにありません...
(現時点では唯一のマイクロフォーサーズ機、パナソニック LUMIX DMC-G1のシャッター幕はCCD面から9.3mmもあるそうです...)
デジタルならシャッターを電気的に処理すればシャッター幕は無くても良いのでは...? とも思えるのですが、それには理由があるはずですね...。M8にもシャッター幕があるし。

で、無理せず他の方法で有効活用出来るチャンスを窺がおう、ということになりました。
例えば、シャッター幕を持たないマイクロフォーサーズ機の出現などを期待して...。
なにしろ大きなレンズ、保管するだけで防湿庫内はパズルのようです。トホ。

こうやって人の手を渡って来たのかな...、このレンズ達。
TV ヘリゴンの方は「TV」の名が付くということに加え、比較的「小型」だったので、期待してたんですが...
んー、僕は諦めません。
[PR]
by andoodesign | 2008-11-27 17:19 | M&Lレンズ | Comments(10)

+ ちょと iPhone ネタです。

先日、iPhoneが故障しました。
症状は、サファリでのテキスト入力中にソフトがシャットアウトしたことから始まりました。
テキスト入力中のダウンは、それまでも頻繁にあったので、なるべくゆっくり入力するように努めていました。
キャッシュが溜まっているせいか再度サファリを立ち上げても、テキスト入力を始めるとまたダウン。
仕方なく、iPhoneの電源を一度OFFにして再起動。

すると...
iTunesにUSB接続するよう促す表示(ビジュアル)が表示され、どうにも動かなくなってしまいました。
その後、iTunesに接続しましたが、Mac側の反応は「iTunesはiPhoneを認識出来ない...」という趣旨のメッセージが...

仕方なく、アップルのサービスセンターに電話。
症状を説明すると、「その症状は確認されているが、解決方向は初期化以外に無い...。」とのこと...。
げげ〜っ!!データが消失するの!?
それ以外に選択肢は無く、泣く泣く初期化しました。(初期化の方法は割愛します)

初期化後...再起動。
症状変わらず....
ということで、本体交換とあいなりました。

最寄りのソフトバンク表参道店で即日対応して頂き、事件発生から約3時間でiPnoneは復帰しました。
で、結局のところ失ったデータはMac側のiTunesにバックアップされてましたので、殆ど被害はありませんでした。ふーっ...。
担当の方に聞いてみましたが、機種自体が改良されているかは不明です。
新たに手にしたiPnoneが再びトラブルを起さないとも限らないので、マメに同期接続しておいた方が良さそうですね。

で、ここまでは前置き...
e0135059_9541917.jpg

その後データを復帰して、何気なく「設定」画面で「キャリア」を確認したら...
なんと「SoftBank (3G)」以外に「JP DOCOMO (3G)」が表示されるではありませんか!
iPhoneをご使用の皆さん、気付いてましたか?
これが、先月に行われたソフトウエア・アップデート(バージョン2.1)によるものなのか、今となっては確認しようがありません...。

何れにしても、近い将来ドコモ版 iPhone が発売されることは間違いないです。

これ、知らなかったのは僕だけかな?

と思ったらただの勘違いでした!
ドコモとソフトバンクモバイルが同じW-CDMAの規格を使用しているので、単純にiPhoneはその電波をキャッチしてキャリア名を表示しているだけのようです...。

ということで、自己完結。
失礼しました!
[PR]
by andoodesign | 2008-10-19 10:01 | 雑感 | Comments(2)

+ BARRY LINDON

相変わらず大口径レンズへの興味は尽きません...、
最近になって気になり始めた F0.7 や F0.75...
それってナニ??と思っても、レンズの歴史や構成など難しい事は理解出来ない...。

で、F0.7で撮った映像がどんなモノなのか...?と思い立ち、とりあえずスタンリー・キューブリック監督が特注製作したレンズ「Carl Zeiss Planar 50mm F0.7」で撮影した映画「BARRY LINDON」(バリー・リンドン、1975年製作)を見直してみることに。
e0135059_23524335.jpg
The movie "BARRY LINDON" taken with "Carl Zeiss Planar 50mm F0.7"
Stanley Kubrick's Film

画像は映画の中からレンズの効果が分りやすいシーンをキャプチャさせて頂きました...(違反...?)
さすがはF0.7のボケ、幻想的です。
背景のボケはほとんど原形を留めていませんし、炎のボケはレンズの収差によって外周に引っぱられるように広がっていますね。
このレンズを使用したと思われるシーンは全編を通して随所に登場していて、他のシーンとの描写の違いは素人の僕でもはっきり分ります。
中にはロウソク3本のみで撮影されたシーンもありますが、さすがに登場する2人の男性はロウソクを挟んでかなり近い距離で向き合っています。

で、映画の舞台は18世紀...
アイルランドの平民の若者(バリー・リンドン)の栄枯盛衰を情感豊かに描いています。
アカデミー4部門(美術監督・装置賞、撮影賞、衣装デザイン賞、編曲賞)を受賞していて、タイトルには「監督」「装置」「撮影」というキーワードが含まれていることからも特注レンズの効果がいかに大きかったかが想像出来ます。
DVDの映画紹介欄には「撮影レンズは室内、室外の自然な光を再現できるように開発された。」と、明らかに「Carl Zeiss Planar 50mm F0.7」のことを指した一節も。
衣装は18世紀の絵画を参考に忠実に再現されていて、質、量、共に圧巻です。

実は、既に何度か観た映画なんです...
それでも、レンズの効果を意識したのは今回が初めてでしたので、終始興味深く観る事が出来ました。
先ほど数えてみたらキューブリック作品のDVDが7本手元にありました。好きなんですね。
(因にキューブリックが残した映画は全13作です。)

んー、あまりにも深過ぎる、F0.7... F0.75...。

この撮影に使用されたレンズ Carl Zeiss Planar 50mm F0.7 の解説(英)はこちらにも。
[PR]
by andoodesign | 2008-10-08 01:20 | 雑感 | Comments(4)

+ Leica S2

朝メモ。
今朝のニュースレター(ライカLFI)でフォトキナでのライカ社のさらなる新製品を知りました。
e0135059_9844.jpg

Rシリーズではない、新たな規格(AF搭載デジタル一眼)のプロ仕様です。
センサーサイズは30×45mmで、35mm判フルサイズより面積で約60%広い!
画素数は3,750万ピクセルもあるそうです。
もともとRにも手が出ないのですが、ここまでやるとは...、あっぱれ!
販売価格や発売時期は未定らしいですが、相当額になるんでしょうね。
F0.95新ノクチが霞んで見えます...
でも、ライカには頑張って欲しいので、陰ながら応援します。
行くところまで行っちゃって下さい。

ライカ
LFI
デジカメWatch
他にも情報があり。
[PR]
by andoodesign | 2008-09-24 09:22 | 雑感 | Comments(0)

+ もう一回だけ、NOCTILUX 50mm F0.95 ASPH. について...

昨日の発表で発売が告知されたM8.2や非球面ノクチルックス50mmF0.95などのライカ社の新製品について、もうちょと記録しておきます。しつこいですが、自分メモですので、お許し下さい...。

今月23-28日に開催される photokina (フォトキナ)で正式に発表される新製品のはずでしたが、アメリカには既に予約販売を開始しているショップ(Dale Photo and Digital)もあり、日本での販売価格も想定できる段階にまで表面化しています。
で、上記ショップの製品画像から気になるノクチルックス 50mm F0.95 ASPH. の画像のみ拝借して参りました。
e0135059_1852040.jpg
e0135059_185217100.jpg
e0135059_18523449.jpg

Leica Noctilux-M 50mm f/0.95 ASPH , Our Price : $9,995.00-(2009年2月にデリバリー開始)

鏡胴デザインは近年のライカらしいシンプルな外観です。趣きが無いとも言えるかもしれませんが、個人的には前モデルの四角い組込みフードより良いと思います。
レンズ構成は絞りを中心に8枚のレンズを前後対称に配置したダブルガウス型(何群なのかは?)、内2枚が非球面とのことです。
レンズ材質も超高価な高屈折率ガラス(内訳は僕には理解出来ません...)を使用し、ビネッティングや収差(the vignetting and distortion)は前モデルよりずっと改善されているそうです。
解説の一節には「“break the optical sound barrier” of lens speed 1:1...」(レンズの音速ともいえるF1.0の壁を破った...)等の記載があり、F1.0とたった0.05の差しか無いF0.95という数字も含めて、レンズの存在そのものが最高であることを目指していることは間違いありませんね。
きっと、35mmカメラ用の製品としては最高速であったお馴染みのキャノン 50mm F0.95 の存在も意識していると思われます...?
さらに、レンズ後群には“floating element”を採用することで、近接開放でのピン位置の誤差を最小に抑えることにも成功しているようです。
(このあたり、キャノン0.95等で大口径を使われてる方は「さすが、ライカ。」と感じるでしょうね。)

なにしろ、世界最高のスペックを誇示するために創られたレンズであることは間違いありません。
高性能過ぎて、面白味に欠けるという評価も出て来そうですが、ここまでやりきれば、きっと誰もが納得する逸品になることでしょう。
最短撮影距離は1m。最大撮影倍率は1:16.9。フードは収納式。本体サイズは約73×75mm(最大径×全長)、重量は約630g。

このレンズがどんな絵を作るのか、本当に楽しみです!
マジ、何方か試してくださ〜い!!
[PR]
by andoodesign | 2008-09-16 19:37 | Comments(4)

+ !! NOCTILUX 50mm F0.95 ASPH. !!

acielmd さんの報告です。
先週からあちこちでフォトキナでのライカ社の新製品がリークしていましたが、ほぼ前情報通り正式発表されたようです。
M8.2はフルサイズにならず、オプションだったアップグレードの仕様が正規製品化。
プラス、幾つかの新機能が加わった様子。

-------LEICA M8.2-------
・New metal blade focal plane shutter
・Ultra scratch-resistant sapphire crystal as coverglass
・New snapshot mode
・Quick override setting
・Leica dot and accessory also in black
・Robust “vulcanite“ finish
・New compact charger

そして、興味深いのは新発表のレンズ群です...
LEICA NOCTILUX 50 mm f/0.95 ASPH.
・LEICA SUMMILUX-M 21 mm f/1.4 ASPH.
・LEICA SUMMILUX-M 24 mm f/1.4 ASPH.
・LEICA ELMAR-M 24 mm f/3.8 ASPH.
と、4本のレンズが発表されたのですが...
なんと、ノクチルックス50mmは開放値F0.95の非球面仕様!
この期に及んで、何故F0.95なの?(たった0.05の差しかない...)
お値段は目が飛び出る8,000ユーロ(120万円オーバー)!!
この金額なら第一世代のF1.2 手磨きASPH. が買えますね...
どんな方がお買いになるんでしょう...?(写りを見てみたい!)
その他も2本のズミルックスは5,000ユーロ、エルマーが1,800ユーロらしいです...
(販売価格は、まだはっきり解らないですが、日本では概ねレートに少し上乗せした額なんでしょうね...)
話題性はあると思いますが、エルマー以外ちょと現実離れした新レンズ群ですよね。

その他、コンパクトデジカメのLEICA D-LUX 4、LEICA C-LUX 3が出るそうです。

フルサイズを期待していたM8.2ですが...、んー、僕は待ちます...。
で、これを機にノクチの中古価格が良い方向(?)に変動してくれる事を祈ります...。

今回はテキストメモのみで失礼。
製品画像はDayReflection.comさんにも詳しく載ってます。

追記)2008-9-15-18:30
ハリウッドのDale Photo and Digitalでは既に予約販売が始まってます!
Leica M8.2 - Black Paint (Silver Chrome共) , Our Price : $6,295.00-(2008年10月初旬にデリバリー開始)
(現行のLeica M8 - Black , Our Price : $5,495.00-)
Leica Noctilux-M 50mm f/0.95 ASPH , Our Price : $9,995.00-(2009年2月にデリバリー開始)
等々...
意外とイケてるのは...
Leica Compact Battery Charger for M8 , Our Price : $165.00-
Leica Brightline Finder M-24 (M-21共) - Black Paint (Silver共) , Our Price : $795.00-


意外に安い...って、もう麻痺してますね...。
[PR]
by andoodesign | 2008-09-15 12:59 | Leica M8 | Comments(14)

+ Schneider Kreuznach Xenon 50mm F0.95 !!

突然ですが、新レンズ入荷です。
そのレンズとは、シュナイダー・クロイツナッハ・クセノン 50mm F0.95!
なんと、開放値がF0.95の50mmレンズです!
キャノンTVレンズ50mmF0.95に出会い、ハマり、大口径レンズに興味を抱き、いろいろ調査を進めるうちに、アンジェニューにもシネカメラ用の50mmF0.95が存在するのを知りました。
アンジェニューのF0.95は国内でも中将姫光学さんをはじめ、既にライカマウントに改造して使用されている方がいらっしゃいます。(宮崎さんでは過去に10本程マウント改造されたそうです。)
で、他のF0.95を味わってみたくなり、中将姫光学さんのブログで知った「カメラマンのための写真レンズの科学」(吉田正太郎著)というディープなレンズ光学本を入手して、情報収集しました。
同書によると、1950年代から始まった写真レンズの技術競争の中、1964年に3社がほぼ同時にF0.95の写真レンズの設計に成功したそうです。
その3社とは、上に記したアンジェニュー社、ご存知のキャノンン、そしてもう1社がシュナイダーです。
また、シュナイダーのF0.95は3つのレンズの中でも収差が最小に抑えられていて優秀な設計のようです。
う〜ん、知ってしまったら...、探すでしょう〜!
でも、いくら調べても誰も使っていない、とっかかりが無いレンズ、そう簡単に出て来るはずがありません。
ま、気長に待とう...と、のんびり構えていたら...
なんと!某所で運良く出会っちゃいました!! しかも格安!
(って、だれも欲しがらないレンズなんだから、安いのは当たり前ですね。それにしてもラッキーです。)
で、そのレンズの姿は〜!
e0135059_1938250.jpg
「M8 + Schneider Kreuznach Xenon 50mm F0.95」

16mmシネカメラ用汎用マウント(Cマウント)レンズとして1970年代に生産されたレンズで、構成は6群8枚で14面のガウス型です。
シュナイダー社の製造年表によると、このレンズは1976年頃の生産です。)
M8に付いているのは、既に宮崎さんにマウント改造して頂いたからです。
(宮崎さんもシュナイダーのF0.95は今回が始めてだそうで、1からマウント設計して頂いたようです。スゴイ!)
元のレンズは新古品のようで、ピカピカでしたので、仕上がりもきれいです!
800g近くあるガラスの塊です。(キャノンF0.95に比べると外観はかなりスリムですけど...)
イメージサークルは35mm径程で、M8でも周辺が光量落ちするようですが、少し試写したところ醜い影は見えません。
むしろ、周辺光量が程よく落ちてくれたら...

因に、シュナイダー・クロイツナッハ(現シュナイダー・オプティック)社は、1913年に創始者であるヨーゼフ・シュナイダー氏により設立され、シネマ用レンズの発表を皮切りに、その後2眼レフのローライフォトテクニック社のローライコードやローライフレックスに実装されたクセナーやクセノタール、広角のス-パーアングロンなど豊富な製品を生産し、現在でも中・大判レンズを中心に、シネマ用レンズ等を生産しているメカーだそうです。

キャノン TV 50mm F0.95 をきっかけにF0.95ワールドに突入です!
ついでに、アンジェニューとの出会いも気長に待ちます。

ちょっと試したところ...
コントラストは高く、大口径のグルグルボケは健在、でもキャノンとは違いボケは優しい印象です。

作例は明日以降に...。
[PR]
by andoodesign | 2008-08-26 20:59 | M&Lレンズ | Comments(27)

+ 金沢21世紀美術館

ちょと金沢まで行って来ました。
e0135059_934099.jpg
「West Gate」

e0135059_961083.jpg
「Swimming Pool」
レアンドロ・エルリッヒ作(人気の常設作品です)

e0135059_993571.jpg
「Blue Planet Sky」
ジェームス・タレル作(究極の視覚芸術!)

目的は RON MURECK(ロン・ミュエック)の展示。
オーストラリア出身のハイパーリアリズム彫刻家です。
当然、撮影不可なので、残念ながらここで作品画像はご紹介出来ません...。
初めて現物を観たんですが、作り込みはもちろん...、
非現実的なスケール感と現実空間のギャップに圧倒されました!!
やっぱり、その空間に立たないとリアルな体験は出来ませんね。

んー、金沢も暑かった...!

ミュエックの詳細は金沢21世紀美術館サイトで。
[PR]
by andoodesign | 2008-08-07 09:29 | 雑感 | Comments(12)

+ 横位置がピッタリ

ブログの画面をこのスキンにして良かったこと...横位置画像が良い大きさで収まること。
モノクロ画像でも、しっくりくるでしょ...?
e0135059_1733970.jpg
iPhone Black 16GB

で、画像がiPhoneだったので、ついでに先週購入したiPhoneについて気になったことを幾つか...。

まず、外観はカッコイイの一言。
タッチスクリーンは感度、操作性ともに申し分ありません。
動きもとっても楽しいので、遊んでいるうちにバッテリーがどんどん減ります。
(USB経由のバッテリーアダプターは持ち歩いた方が良いかもしれません)
都内で使用する分には電波エリアは概ね良好です。(一部地下で電波が届いていない様子ですが...)
どこに居ても、ノートパソコンを持ち出さずにネット環境が維持出来るのは本当に便利です。
インターフェイスの素晴らしさは、さすがアップル。
殆ど説明書を見ずに操作が理解出来ます。(元々、アップルユーザーだからか...?)
初めは、重力に従って画面が縦横切り替ったり、ブラウザのページ展開などを見て感動しましたが、それらの機能に慣れてしまえばあたりまえに感じます。(良いことです)

逆に...
ちと使いづらいというか、あったら良いなと思う点はテキストのコピー・ペースト
技術的なこと以外に、この機能を外した理由がありそうですが、ソフトのアップデート等で対応してもらえるといいな...。
あとは、操作を急ぐと時々シャットアウトしてホーム画面に戻ってしまうことがあります。
ゆっくり、そっと扱わないと...。
あと、GPS機能もとても期待出来る機能ですが、実用レベルではちょと機能不足かも...。

全体としては満足度高いです。
今後は開発されるアプリケーションに期待です。
[PR]
by andoodesign | 2008-08-03 17:17 | 雑感 | Comments(2)