I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ <   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

+ 雨の終末

昨日は春一番が吹いたそうですが、風は今日の方がよっぽど強かったな...。
生暖かい空気、午後には雨が降り出しました。
ああ、この週末で2月も終りです。
e0135059_1918857.jpg
「駅前」
新大久保 / 東京
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)

写真は2週間ほど前のものですが、今夜と同じような雨模様でしたので...。
[PR]
by andoodesign | 2010-02-26 19:31 | Leica M9 | Comments(14)

+ 宇宙から。

あ、ちょっと!
昨日の写真と同じじゃないですから、ちゃんと見てって下さいよ〜。
e0135059_1310144.jpg
「宇宙と日本海」
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: FUJI PN400N

ほんとうに、深い青です。宇宙です。
そう言えば、1960年代にはハッセルブラッド500ELを始めSWCも宇宙で活躍したカメラなんですよね。嗚呼...。

フランクフルトを飛び立ったANA(NH210便)は、ロシア上空を横断し、たぶんハバロフスク上空あたりから日本海へとユーラシア大陸を抜けます。
前回の写真は大陸の中、今回はちょうど日本海に達したところです。

この後、日本上空は厚い雲に被われて、旅の終わりを改めて実感させられたわけです...。あ〜ぁ...。
[PR]
by andoodesign | 2010-02-25 13:43 | 写真 | Comments(18)

+ 空から。

今日、東京は上着が要らないほど暖かい一日でした。
もう春ですね。

写真は、ローマからフランクフルトを経由し成田へ向かう機上から。
e0135059_18283150.jpg
「I got a bird's-eye view from an airplane.」
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: FUJI PN400N

[PR]
by andoodesign | 2010-02-24 19:15 | 写真 | Comments(20)

+ 市、いろいろ。

インターネットオークションやWebショッピングの普及で中古市場の相場は世界的に揃ってきているようで、どこでも良い物はお高いですね...
見る分には楽しいですが、僕のような知識で掘り出し物を探すのは困難です。
e0135059_11492239.jpg
「蚤の市」
Piazza Augusto Imperatore / Rome
Leica M9 + P. ANGENIEUX PARIS 90mm F1.8 TYPE P1


e0135059_11495388.jpg
「台車」
Mercato dei Fiori / Via Trionfale / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


さて、ローマの写真も力が抜けてきました...
1ヶ月も引っぱりましたので、充分とも言えるでしょう。
そろそろお散歩写真に戻って、のんびり進行しようと思います。
[PR]
by andoodesign | 2010-02-23 12:45 | 写真 | Comments(14)

+

e0135059_1994440.jpg
「blue hour」
a sky line / Rome
Leica M9 + SUMMILUX 35mm F1.4(球面)


e0135059_1911194.jpg
「magic hour」
a sky line / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


何でもない空の写真。
明け方の空と、日没直後の空です。
借りていたアパートの窓から、朝は東に向かって、そして夕方には西に向かって撮りました。
なぜか明け方は球面ズミルックス35mm、日没はノクチルックスです。

ただ、それだけです。笑
[PR]
by andoodesign | 2010-02-22 03:28 | 写真 | Comments(20)

+ piano piano...

ご婦人と犬の散歩。
なんとも、シルエットが素敵ですね。
僕もゆっくり歩きます。
e0135059_18515430.jpg
「una passeggiata」
at a street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)

[PR]
by andoodesign | 2010-02-20 22:14 | 写真 | Comments(18)

+ FIAT FIAT FIAT

フィアット500(Cinquecento)は1950〜70年代に生産された当時のイタリアを代表する小型車です。
(2007年には、フォードとの提携で3代目になる新型500が発表されました。)
映画「ルパン三世 カリオストロの城」でルパンの愛車として登場したり、「グラン・ブルー」ではジャック・マイヨールのライバル、エンゾ・モリナリがぼろぼろの500に乗っていたのが印象的でした。
サイズも姿もかわいいし石造りのローマによく似合います。
今回のローマ写真でも既に何度か登場していますが、古い型なのでそれほど多くは見られません。
なので、旧型を見かけると撮っちゃうんですよ、つい...。
e0135059_1815984.jpg
「small cars」
at a street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_1814229.jpg
「Fiat 600」
at a back street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_18152021.jpg
「Yellow Fiat」
at a street / Rome
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


その他の自動車事情といえば、軍警察(Carabinieri)のパトカーがアルファロメオ159だったり、ドイツ製の小型車スマート(Smart)がとても多く路上では縦列ならぬ横列駐車していたり。
なるほど、路地の多いヨーロッパの都市部ではこの種の小型車がウケるのも頷けます。(もちろん日本車も。)
ローマでの自動車写真はまだあるんですが、このくらいにしておきます。
で、因に僕はフィアットには乗っていません...。笑
[PR]
by andoodesign | 2010-02-19 20:28 | 写真 | Comments(14)

+ やわらかいビオゴンが好き。

SWC(ビオゴン38mm F4.5)は歪みのない精密描写に定評がありますが、実は柔らかい一面も持っていて、ボケや滲みの表情も綺麗です。
近接開放なら被写界深度の浅いボケ写真が撮れますし、光の条件によっては空気遠近的な柔らかな描写を見せてくれます。
クリアさと滲みが同居する写真も乙なものです。
e0135059_19155874.jpg
「British Leyland Mini」
at a street / Roma
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: KODAK 400TX

e0135059_19213784.jpg
「Labyrinth」
at a back street / Roma
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: KODAK 400TX

[PR]
by andoodesign | 2010-02-18 19:32 | 写真 | Comments(22)

+ 今夜も雪かな?

寒い日が続いてますが...。
天気予報では桜の開花予想が発表されました。
東京は3月25日だそうです。
気がつけば既に2月も後半。
寒いけど、もう春です。
e0135059_19111051.jpg
「クレーン」
Colosseo / Roma
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: KODAK 400TX

本格的な観光シーズンを前に、コロッセオはお色直し中。
入場は出来ますが、裏方ではクレーンが横付けされ修復(?)工事が進められています。
3月にはローママラソンが開催され、コロッセオはそのスタート会場になります。

e0135059_19114961.jpg
「舗装工事」
Via degli Scipioni / Roma
HASSELBLAD SWC/M with Carl Zeiss Biogon C 38mm F4.5 T*
film: KODAK 400TX

道路の舗装材は石畳も多く、くさび型のピンコロ石は今でも人力で敷き詰められています。
[PR]
by andoodesign | 2010-02-17 22:05 | 写真 | Comments(2)

+ Mercato Trionfale

ローマの市場。
日本と同じようにパック入りの食材をカゴに入れてレジに並ぶタイプの一般的な量販店もありますが、食材の調達は何といっても市場が安くて新鮮です。
ワインはもちろん、生ハム(prosciutto)やチーズ(formaggio)、中でも鮮度がとても大事なトロトロチーズ(burrata)や大好きなローマの季節野菜プンタレッレ(puntarelle)がとても安く手に入ります。
もちろん海のものも...、すべて新鮮、美味。
有名なキノコ、ポルチーニ(porcino)は秋の味覚ですが、新鮮な乾燥物が出回っていたので、こちらは大量に仕入れてまいりました。
まだまだ...、イタリアの食は語り尽くせない程充実してますね。
そんなこんなで、帰国する頃にはお腹が一回り大きくなってしまうわけです...。
e0135059_12532230.jpg
「at a butcher's」
a public market / Rome Italy
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_1303846.jpg
「at a greengrocer's」
a public market / Rome Italy
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)


e0135059_1310776.jpg
「puntarelle」
a public market / Rome Italy
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (E58 / 2nd)

[PR]
by andoodesign | 2010-02-16 14:06 | 写真 | Comments(22)