I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ <   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

+ えっ、あと1ヶ月で2010年...。

e0135059_1744644.jpg
「地下へ」
東京 浅草
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (2nd / E58) + Lens detection / Manual (50 f/1)

全速力ではないものの、なんだかずーっと仕事(ダラダラ)しているアタシ...。泣
あっという間に11月も終り、今年も残す所一ヶ月になっちゃいました。
今夜は11年ぶりに表参道のイルミネーションが点灯し、渋滞&人混みに悩まされる1ヶ月の始まり...。
あと、年末と言えば「今年こそ余裕を持って年賀状の準備を。」なんて思ってましたが...、今週も無理かな。

そして入手してちょうど一ヶ月経ったM9、今のところ何の不具合も無く以前から使っていたかのように馴染んでいます。
何かを語れるほど使い込んでないですから...、広角レンズでの色被りの実害もありません。
(密かに期待していた M-ホロゴン16mm F8 だって、そもそも銀塩の段階で挫折してましたからね...)
結局、ずぼらなアタシはノクチを付けっぱなしってワケです。
このまま年越しして行きそうな予感...。
[PR]
by andoodesign | 2009-11-30 19:10 | 写真 | Comments(26)

+ 「THIS IS IT」を観た。

昨夜、マイケル・ジャクソンの追悼映画「THIS IS IT」を観ました。
本来は2週間限定で上演される予定でしたが、上映延長になった頃に、ようやく重い腰を上げたかたちです。
(因に最終日は今夜です。)

映画は2009年7月に開催予定だった幻のロンドン公演をシミュレーションしながら場面進行していきます。
私的には疲れてたので、「ひょっとしたら映画を観ながら寝ちゃうかも...、」なんて思ってましたが、全くそんな隙はありませんでした。
最高の表現を求め続けるマイケル、さらに、それを支える最高のスタッフの言動にグイグイグイグイ引き寄せられてしまったわけです。
そう言えばMTV全盛当時は皆「スリラー」や「ビート・イット」のビデオに影響され、振り真似して盛り上がったな〜、なんて自分の過去にダブらせたり。

ショーをつくり上げる過程を垣間見ることが出来ただけで、とっても充実した気分です。
当り前のことですが、やっぱりマイケル・ジャクソンは凄い人物でしたね。

※ 文章と写真は無関係です...(写真は今夜の仲見世/浅草)
e0135059_20223648.jpg
「仲見世」
東京 浅草
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (2nd / E58) + Lens detection / Manual (50 f/1)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-27 22:37 | 写真 | Comments(12)

+ 橙葉

今朝の雨で、グッと色付きが進んだようです。
紅葉...、ちょとベタな写真ですが、キレイだったから...。
モミジ(紅葉)は紅(ベニ)色と相場は決まってますが、ここのモミジは橙(ダイダイ)色です。
「紅葉」(モミジ)と書いて「こうよう」と読み、「黄葉」と書いて、これも「こうよう」と読みます。
そして「橙葉」は...、ちょと調べたら「とうよう」と読めるようですが、秋の色付きにこの表現は無いようです。
橙色でもモミジはモミジ、やっぱり紅葉(こうよう/モミジ)ですね。
e0135059_19591079.jpg
「橙葉」
東京 代々木
Leica M9 + SUMMILUX 35mm F1.4(球面) + Lens detection / Manual (35 f/1.4)

あまりにもベタ過ぎなので、ピクセル等倍でズミルックスの解像度を...
滲みながらもしっかり芯は描写しています。
ふんわり橙色が滲んでいるから色が綺麗に見えるんでしょうね。
e0135059_21482413.jpg
「橙葉」(中央付近部分ピクセル等倍)
東京 代々木
Leica M9 + SUMMILUX 35mm F1.4(球面) + Lens detection / Manual (35 f/1.4)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-25 21:57 | 写真 | Comments(20)

+ Leica M9 + P. ANGENIEUX 90mm F1.8 TYPE P1

久しぶりに P. アンジェニュー90mm F1.8 を持ち出した。
M9との相性は室内でしか確認していませんでしたが、望遠系のレンズなら例の色被りは心配無用です。
白の滲みはお気に入りですが、グルグルも無ければ口径食も無いので、所謂レトロな写りを期待してしまうと面白味に欠ける様な...。

犬連れのお散歩写真では猫に敬遠されるのが通例ですが、今日は何故か逃げられませんでした。
彼は暖かい場所を離れたくなかったのか...、それとも葉の影に隠れてるつもりなのか?
e0135059_1981393.jpg
「擬態?」
東京 代々木
Leica M9 + P. ANGENIEUX 90mm F1.8 TYPE P1 + Lens detection / Manual (90 f/2)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-23 19:37 | 写真 | Comments(24)

+ 秋深し。... あ、もう冬か?

久しぶりに相棒(柴犬)と公園散歩。
色付く木々に、深まる秋を感じ...。
この数日の冷え込みを回想し、改めて納得。
と言うか、立冬(11月7日)は過ぎているので暦の上では既に冬だ。
見回せば商店街はすっかりクリスマスモードだし...、なんだか気忙しい季節がきちゃったな。
年末って急かされているようで、変なプレッシャーを感じるんですよね。(...僕だけか?)

ようやく一段落と思いきや、せっかくの三連休も重なった仕事に向け有効活用(?)されて行く模様...。
e0135059_1740349.jpg
「紅葉の下で」
東京 代々木
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (2nd / E58) + Lens detection / Manual (50 f/1)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-21 19:34 | 写真 | Comments(28)

+ Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1 (2nd / E58)

さて、慌ただしい日々を送っております。
お散歩カメラもままならず、せっかく手にしたM9を僕はただ眺めているだけ。
時々、傍らに置かれたM9を手にして試し撮りするが、特別なことは何も起こらない。
あたりまえだ。
やっぱり写真は歩かなきゃだめだな...。
まあいい、コツコツやろう。
e0135059_21151311.jpg
「11月のアサガオ」
東京 築地
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (2nd / E58) + Lens detection / Manual (50 f/1)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-18 21:44 | 写真 | Comments(22)

+ Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1 (2nd / E58)

今日は少し時間が出来たのでM6とM9を持って「ちい散歩」。
と思いましたが、歩き始めるとタイミングが悪く雨(霧雨みたいな?)が降り出し、おまけに風も...。
傘をさしても小さな雨粒がふわふわと舞い、カメラにまとわり付いてしまいます。
これでは落ち着いて写真を撮ることが出来ません。
のんびりチェックしようと思ってたギャラリー数件も駆け足で廻り、そそくさと帰宅。
今週の雨は予報通りだな...。
イメージしていた行動が出来ず、なんとなく消化不良な午後...。まあ、いいか。
e0135059_19523153.jpg
「中央溝の路地」
東京 築地
Leica M9 + NOCTILUX 50mm F1.0 (2nd / E58) + Lens detection / Manual (50 f/1)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-13 22:39 | 写真 | Comments(22)

+ Leica M9 + M-HEXANON 50mm F1.2

今週後半は雨だそうです。
秋雨の割には冷え込みはそれほどでもないですが、雨は単純にお散歩時間を減らします。
重たいレンズは一休み、今日はアルミ鏡筒の軽量レンズに。
軽いとは言っても50mmの大口径は相変らず...、やっぱり50mmはしっくり来ます。

Mヘキサノン 50mm F1.2 のフィルター径は62mm、単純に前玉口径で決まるわけじゃないですが、ノクティルックス 50mm F1.2 用のレンズ設定(50 f/1.2 11820)を割り当てると、周辺まで十分な光量を得る事が出来ます。
でも、今日の夜写真じゃ確認出来ませんね...。
このレンズも後ボケがザワつく傾向にありますが、柔らかい光を選ぶとしっくり馴染んでしまいます。
e0135059_21253281.jpg
「影」
東京 上原
Leica M9 + M-HEXANON 50mm F1.2 + Lens detection / Manual (50mm f1.2)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-11 22:02 | 写真 | Comments(14)

+ 続々、Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95

M9を使い始めたので、そろそろブログのサブタイトル(ライカM8で観た景色)を変えないとな...、と思いつつ。
反面、僕のカメラ趣味に火をつけたのは間違いなくM8なわけで、ならば、ずっとそのままにしておこう...。とも考える。
まあ、大したことじゃないので、時間が経てば「M8」のまま馴染んじゃうと思うけど...。

思い起こせば昨年の今頃、M8のおかげで当初考えもしなかったノクティルックス(50mm F1.0)まで使うようになり、次第に銀塩時代のレンズを活かすべくフルサイズ(フィルム撮影)に回帰していくことに...。
その後は銀塩(=フルサイズ)の魅力にも気付いてしまい、今年はSWC/MやM4BPも併用するようになりました。
一時はマウント改造した非ライカレンズに入れ込みましたが、マイクロフォーサーズ&シネCマウントへの進出は踏み止まり、とりあえずM9でフルサイズMデジが一件落着したおかげでレンズ熱は治まっています。

Canon TV 50mm F0.95 は、僕が大口径描写に傾倒するきっかけになったレンズです。
このレンズを手にしたことで、完全に「絞り開放」が基本スタンスに定着してしまったワケです。
最近はすっかり出番が少なくなりましたが、ずっと大事にしたい一本です。(M9との相性も良いようですし。笑)
e0135059_22251029.jpg
「石段」
東京 代々木
Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95 (M改) + Lens detection / Manual (50mm f1.0)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-10 08:53 | 写真 | Comments(12)

+ 続、Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95

M8ではフェイクコード(6bit)に頼っていた「レンズ検知」ですが、M9では自動で6ビットコードを検知するモードの他に、予め登録された36種のライカレンズから任意に焦点距離/開放値を選択設定出来るようになりました。
そこで、キャノン 50mm F0.95 を使うなら...、と「50 f0.95」の数字を探しましたが、見当たらない...。んん?

...なるほど、第4世代目の最新ノクティルックス 50mm F0.95 ASPH. は6ビットコード導入後に発売されたレンズですから、全てのレンズに6ビットが刻まれているワケで...。
歴代ライカレンズにはマニュアル設定しなければならない「50 f0.95」は存在しないということですね。

そんなわけで、このレンズには第2〜3世代ノクティルックス用の設定「50 f/1 11821 11822」を選択しています。
レンズ設定の有無で少々トーンが変わり(有=明るくなる)、このレンズに関してはレンズ設定した方がバランスは良いように感じました。
やっぱりフェイクコード無しで使えるのは楽で良いです。
e0135059_1055063.jpg
「新聞」
東京 元代々木
Leica M9 + Canon TV 50mm F0.95 (M改) + Lens detection / Manual (50mm f1.0)

[PR]
by andoodesign | 2009-11-08 11:45 | 写真 | Comments(26)