I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ Hasselblad SWC/M 試写の巻 その2

e0135059_12503459.jpg
「NATURAL HOUSE」
HASSELBLAD SWC/M FUJI NP400PR

e0135059_12551128.jpg
「階段」
HASSELBLAD SWC/M FUJI NP400PR

e0135059_12561622.jpg
「車線」
HASSELBLAD SWC/M FUJI NP400PR

セオリー通り水平に気をつけて撮ってますが、手持ちではドンピシャというわけには行きませんね...

ハッセルブラッドの製造年を示すシリアルナンバーは本体とフィルムマガジンの合わせ面に刻印されています。
シリアルナンバーはアルファベットと数字の組合せで、カメラシステムの開発者であるビクター・ハッセルブラッド(Victor Hasselblad)の名に因んで「VH・PICTURES 」の文字に数字を当てて製造年を示しています。

V H・P I C T U R E S
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

上のアルファベットが下の数字に対応する仕組み。(字詰めがズレていたらゴメンナサイ)

で、僕のSWC/Mのシリアルナンバーは RV 143XXX です。
アルファベットは R V ですので対応する数字は 8 1 ということになります。
これが西暦の下2桁を示すので製造は1981年ということですね。
(SWC/Mの生産期間は1977〜1988年です。)

この暗号チックな製造年の表記方法は有名な話らしいのですが、ハッセルブラッドを使わない人にとってはどうでもいいことなので、僕は当然知りませんでした。
でも、なんだか作り手の「粋」を感じますね。

因にボデイが1981年製なのに対して、レンズ前面のシリアルナンバーによると固定されているレンズ、ツアイス・ビオゴン38mmF4.5は1979年製ということらしいです。
[PR]
by andoodesign | 2008-12-25 15:29 | 写真 | Comments(10)
Commented by Duo-700 at 2008-12-25 21:21
こんばんは
カメラは撮れた映像が大切ですが、個性あふれる本物を持つ楽しさ
や満足感がありますね。メカニカルな楽しみが味わえて、一枚々に
思い入れが生まれます「被写体に思いを込める・・」出来そう。

豊かなコントラスト、細かなグラデーション、写真の原点ですね。
Commented by blende1 at 2008-12-25 21:36
拝見してるとモノクロ撮りたくなってきました。明日から当地は大荒れ模様、積雪もかなりな予報。雪や曇天にはカラーよりいいかも^^。

僕も「名機を下積みもなく勝手な使い方」してますよ(汗)。これまでSWC/Mでフィルム何十本と撮って、ボディの水準器を気にしたことが数えるほどもあっただろうか・・・(滝汗)
Commented by jmiin at 2008-12-25 23:12
なるほど。
スクエアーの広角ってどうなの?と思っていましたが、意外に素直
な広がりを楽しめるのですねぇ。凄く新鮮です。生鮮食料品では
ありませんが。うんうん。
Commented by shima330 at 2008-12-26 04:04
こんばんはー少しご無沙汰しておりますm(__)m
2枚目が特に好きです。
スクエアでもandoodesignさんのお写真のテイストは健在なのが嬉しいところです^^

私もスクエアな写真撮りたいのですよねー
ハッセルさんはとても手が届きそうにないので、New Mamiya6あたりを狙っておりますですが・・・宝くじでも当たらない限り今は無理です><
当たると信じているのですが・・・!
Commented by andoodesign at 2008-12-26 09:31
Duo-700さん
良い道具は、持つことの喜びと、使うことの楽しみを与えてくれますね。
丁重に扱いながらも、普段使いにすることで体に馴染むんだろうと思います。

撮ること以外にもフィルム選びやスキャンなど、まだ模索するべきことが沢山ありますので、そういう意味でも当分楽しめそうです。
Commented by andoodesign at 2008-12-26 09:40
blende1さん
変な話、パソコンのモニタではモノクロの色再現の方が難しいように感じます。
きっとプリントで真価を発揮出来る感材なんでしょうね。
まあ、水準器を頼りにぼちぼちやります。

G1でMマウントレンズをライブビューする遊び、イケてます!
今後のがマイクロフォーサーズが楽しみです。
Commented by andoodesign at 2008-12-26 09:44
jmiinさん
基本を守って水平に気を配れば、不自然で極端なパースにはなりません。
逆に暴れさせるのも面白いかも知れませんね。
近接30cmまで寄れるので、絞って被写界深度を広くすればマクロ的な表現も可能かも...。
Commented by andoodesign at 2008-12-26 09:48
shima330さん
コメントありがとうございます。
僕も正方形フォーマットにあこがれてました。
今のところ、フレーミング時にも違和感を感じず、気楽に撮影出来てます。
でも、まだこの先に何が潜んでいるか...、何もわかってません。
能天気なワタシです。
Commented by 中将姫光学 at 2008-12-26 12:26 x
こんにちは。画像を楽しませていただいています。
水平はばっちりでせすね。もう慣れてきたぞという感じが伝わります。
いちばん下のパースペクティブが面白いです。建物が低くなっていっているのも手伝っているのか、道路がずいぶん上りになっているように見えます。実際はどんなものなのでしょうか。
ネガからスキャンされているのか、プリントされているのか、そのへんの事情もお教えくださると嬉しいです。
Commented by andoodesign at 2008-12-26 12:50
中将姫光学さん
コメントありがとうございます!
3枚目の道路は実際に手前が下りになっています。
カメラを下に傾けるとどんなに見上げの建物でも上の方が広く(逆パース)になるのが変というか面白いというか、立場によっては許されない場合もあるんでしょうね。
スキャンはネガから取り込んでいます。
モノクロのトーンはモニタによってもかなりイメージが変わって見えるようなので、どの程度の解像度や濃度に保存するか模索中です。