I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 意外に人気...

賛否両論のグルグルボケです。
e0135059_17352233.jpg
「膨張」
Leica M8 + Schneider Kreuznach Xenon 50mm F0.95

例によってF0.95での撮影では、今日の写真のように点在する花や植物の葉、砂利、点光源等、粒形状が連続した面を背景としてピンボケさせると、グルグル現象が起こります。
グルグルの激しさは画面中央からの距離に比例していて、画面の端に近づく程、ボケの形状が渦を巻く様に流れて写ります。
この現象は、大口径レンズでよく見られますが、収差を抑えた最新の非球面レンズでは殆ど見られない現象です。
その為、絵づくりとしての効果を狙ってか、オールドレンズの証として(?)か、このグルグル現象を好む人が意外に多く、キノプラズマート50mmF1.5などの代表的なグルグルレンズは大変に珍重され人気があるようです。
僕が所有している他のレンズ(球面ズミルックス35mm、キャノン50mmF0.95)も同じ様な条件でグルグルします。
ノクチルックスも、時々グルグルの作例を見る事があります。

最近、flickr にも投稿していますが、世界にも道具好きは大勢いて、レンズに関してや、グルグルの作例に反応が多いのは興味深い事実です。
グルグル現象は、レンズ(特に大口径レンズ)の非点収差が大きな要因ですが、撮る状況を選ぶことで、ある程度はコントロール可能です。逆に、意図的にグルグルさせようと思えば簡単に出来ますので、要は絵づくりに活かせれば良いんですよね。

で、このクセノン50mmF0.95でのグルグル現象の特徴としては、やはり外周エリアでは激しく流れる反面、中央部分の収差はとても良く抑えられていて、グルグル現象は中央エリアで急激に和らいでいます。
今日の写真も、中央付近のボケの輪郭はとてもソフトです。(キャノン0.95のボケと明らかに違います。)
本来の用途は16mmフィルム用のCマウントレンズでしたので、マウント直径約25mmの内側に重点を置いていたことが想像出来ます。
個体差もあると思いますが、そんな素性を理解して使いこなせると楽しそうですね。

flickr
[PR]
by andoodesign | 2008-09-06 18:49 | 写真 | Comments(4)
Commented by rangefinder at 2008-09-06 23:20
僕はグルグルぼけ、大好きです。正に絵づくりじゃないですかね。
キャノンとも明らかに違いますし、1本で非常にソフトなボケや、この作例のグルグルぼけが楽しめるレンズ。大変興味深いですね。僕の手元にも巡り合わせが回ってくるのでしょうか。今世界中で探している人が急増しているかもしれませんね。笑
Commented by andoodesign at 2008-09-07 08:32
rangefinderさん、ありがとうございます。
僕の技量はさておき、作品を作れるレンズだと思います。
Mマウントで使えるF0.95レンズを開拓した、という充実感もありますので、愛着も湧いてます。
撮ることが楽しくなるレンズですよ〜。
Commented by yoss70 at 2008-09-07 23:01 x
実はグルグルぼけを初めて見た時、とてつもない衝撃を受けました。「なんなんだ、これは?」と、ネットを探しまくって、どうやらズマリット50mm F1.5やノクチルクス50mm F1.0を使えばこんなのボケの写真が撮れるらしい、ということを知ったのが、恥ずかしながら僕のライカ事始でして・・・(汗)。

上の2本はすでに入手済みですが、後にキノプラズマートやこちらでさらに目に毒な玉のことを知ってしまい、治まっていた煩悶が再起しそうな予感^^;。

手持ちの玉ではSummarex 85mm F1.5のグルグルぶりがXenon 0.95のそれに近いかななんて印象ですが、いかんせん、Summarexはどうも淡白すぎる色のりで。それにM8では画角が狭すぎかも・・・(爆)。
Commented by andoodesign at 2008-09-07 23:52
yoss70さん
コメントありがとうございます。
ノクチがあまりに高くなってしまったので、いつの間にやらこんなことになってます...
そもそもグルグルが目的でレンズ選びしているワケではなかったんですよ...
右往左往しているうちに、ノクチ買えたじゃんって、オチです...
ま、存在のレア度で自分を納得させてますが、比べるのも失礼な話ですよね。
そんなワケで、今ではすっかりオールドレンズのファンになってます。
グルグルレンズのことは↓リンクのサイト「Bokeh Lens」「冩楽彩」さんが素晴らしいラインナップをお持ちですよね。