I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ Schneider Kreuznach Xenon 50mm F0.95 !!

突然ですが、新レンズ入荷です。
そのレンズとは、シュナイダー・クロイツナッハ・クセノン 50mm F0.95!
なんと、開放値がF0.95の50mmレンズです!
キャノンTVレンズ50mmF0.95に出会い、ハマり、大口径レンズに興味を抱き、いろいろ調査を進めるうちに、アンジェニューにもシネカメラ用の50mmF0.95が存在するのを知りました。
アンジェニューのF0.95は国内でも中将姫光学さんをはじめ、既にライカマウントに改造して使用されている方がいらっしゃいます。(宮崎さんでは過去に10本程マウント改造されたそうです。)
で、他のF0.95を味わってみたくなり、中将姫光学さんのブログで知った「カメラマンのための写真レンズの科学」(吉田正太郎著)というディープなレンズ光学本を入手して、情報収集しました。
同書によると、1950年代から始まった写真レンズの技術競争の中、1964年に3社がほぼ同時にF0.95の写真レンズの設計に成功したそうです。
その3社とは、上に記したアンジェニュー社、ご存知のキャノンン、そしてもう1社がシュナイダーです。
また、シュナイダーのF0.95は3つのレンズの中でも収差が最小に抑えられていて優秀な設計のようです。
う〜ん、知ってしまったら...、探すでしょう〜!
でも、いくら調べても誰も使っていない、とっかかりが無いレンズ、そう簡単に出て来るはずがありません。
ま、気長に待とう...と、のんびり構えていたら...
なんと!某所で運良く出会っちゃいました!! しかも格安!
(って、だれも欲しがらないレンズなんだから、安いのは当たり前ですね。それにしてもラッキーです。)
で、そのレンズの姿は〜!
e0135059_1938250.jpg
「M8 + Schneider Kreuznach Xenon 50mm F0.95」

16mmシネカメラ用汎用マウント(Cマウント)レンズとして1970年代に生産されたレンズで、構成は6群8枚で14面のガウス型です。
シュナイダー社の製造年表によると、このレンズは1976年頃の生産です。)
M8に付いているのは、既に宮崎さんにマウント改造して頂いたからです。
(宮崎さんもシュナイダーのF0.95は今回が始めてだそうで、1からマウント設計して頂いたようです。スゴイ!)
元のレンズは新古品のようで、ピカピカでしたので、仕上がりもきれいです!
800g近くあるガラスの塊です。(キャノンF0.95に比べると外観はかなりスリムですけど...)
イメージサークルは35mm径程で、M8でも周辺が光量落ちするようですが、少し試写したところ醜い影は見えません。
むしろ、周辺光量が程よく落ちてくれたら...

因に、シュナイダー・クロイツナッハ(現シュナイダー・オプティック)社は、1913年に創始者であるヨーゼフ・シュナイダー氏により設立され、シネマ用レンズの発表を皮切りに、その後2眼レフのローライフォトテクニック社のローライコードやローライフレックスに実装されたクセナーやクセノタール、広角のス-パーアングロンなど豊富な製品を生産し、現在でも中・大判レンズを中心に、シネマ用レンズ等を生産しているメカーだそうです。

キャノン TV 50mm F0.95 をきっかけにF0.95ワールドに突入です!
ついでに、アンジェニューとの出会いも気長に待ちます。

ちょっと試したところ...
コントラストは高く、大口径のグルグルボケは健在、でもキャノンとは違いボケは優しい印象です。

作例は明日以降に...。
[PR]
by andoodesign | 2008-08-26 20:59 | M&Lレンズ | Comments(27)
Commented by tullyz2 at 2008-08-26 21:41
大きくてきれいなレンズですねー。水晶玉のようです。
作例を楽しみにしています^^
Commented by gato at 2008-08-26 22:36 x
こんばんは.
偶然ですね、私も去る方にこのレンズを探して下さるようにお願いしたのですが…、気長に待つ事にします。
andooさんの作例写真をまずお待ちします。
f0.95は、残すところアンジェニューだけですね〜、なんだかとても楽しみ、ワクワクしてきます!!!
Commented by tensin-jr at 2008-08-26 22:52
こんばんは。
いや~運命を感じますね。
andooさんの作例にまたまた悩まされそうです。楽しみに待ってま~す!!
Commented by shima330 at 2008-08-26 22:53
新しいレンズゲットおめでとうございます~^^
そのマニアックな本がとっても気になります!読んでも理解できる部分が少なそうですが。
それにしてもガラス面が大きい!すごいな~これを街で下げていたら注目を浴びそうですね。作例楽しみにしています!
Commented by 銀治 at 2008-08-26 23:29 x
おおぉぉ!
手にされてしまいましたか!
ふふふ。実は写真レンズのF0.95って、キヤノン、アンジェニュー、シュナイダーの他にもう1本あるのですよ。(正確にはCマウントや工業用にはもっとある)
僕も写りには興味がアリアリなので、明日を楽しみにします。
Commented at 2008-08-26 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rangefinder at 2008-08-26 23:58
Angenieux f0.95は僕も気長に探しているのですが、中々見つける事ができません! 作品、やっぱり、ぐるぐるボケですかね? 期待高まります!
Commented by Impartiality at 2008-08-27 06:49
新手ですね。
今日アップですか・・・?
楽しみに拝見させていただきたく思ってます。
ウキウキ気分でお待ちしてますョ
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:30
tullyz2さん
ノクチキラーとなるか...、乞うご期待です。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:33
gatoさん
ホント、こんなに早く手に出来るとは思ってませんでした。
今、ちょとピン位置に調整が必要なので、コツコツ仕上げて頂こうと思ってます。
アンジェニューのF0.95は期待せず待ちます。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:36
tensin-jrさん
ほんとに運が良かったです。
これまで、シュナイダーレンズの存在すら知らなかった僕が...
欲しいと思ったその周に格安で新古状態の物に出くわしたんですから。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:41
shima330さん
ありがとうございます。
「写真レンズの科学」に写真は1枚も出て来ません...
全てテキストと図面、グラフなのです...
実は僕も9割方理解出来ません...。トホホ
このレンズ、スリムでスマートなので、それほど目立たないと思います。が、激重です。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:46
銀治さん
僕も大口径開放戦士になるべく、修行を楽しみたいと思います!
レンズ集めをする欲求は無かったんですが、アンジェニュー以外にも...
んーーー、気になります!
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:50
rangefinderさん
どうやら僕と同じような志向をお持ちのようですね...。
このレンズも激しくグルグルしますが、ピンはきちんと来るし、ボケもキレイ(主観ですが...)です。
もしかしたら、僕にとっての最強レンズになる可能性が...
Commented by andoodesign at 2008-08-27 07:53
Impartialityさん
僕もウキウキしてます。
この気持、ぼくの周辺で理解してくれる人が居ません...
お好みの作例が撮れるか分りませんが、今日試写して来ます!
Commented by Duo-700 at 2008-08-27 11:02
こんにちは
新レンズ、おめでとうございます
そりゃないよ・・・などと・・・羨ましい限り、是非々作例見せて
下さいね、それにしても大口径、明日が楽しみです。
Commented by fields24 at 2008-08-27 12:46
存在を知るや否や出会うというのは運命ですね。
私もそうやって別分野に相当肩入れした経験があります。
これからの作例を心待ちしています。

ところで、このレンズが急騰したらその犯人は?
Commented by Hologon158 at 2008-08-27 15:38
だんだん病気が重体となりつつあるようですね。
アンジェニューの0.95、私も見たことがあります。
大変に大きくて、重いレンズです。
しかも、映画用ですから、後部がただの筒。
改造に大変費用を要するはずです。
大変に有名なレンズですし、名にしおう最高の映画用レンズ会社の逸品。
費用を問わないのであれば、ぜひ、見つけてください。
Commented by typologies at 2008-08-27 16:02
うは!このレンズは初めて知りました。
先日おっしゃってたのコレなんですね。
凄く綺麗な状態のレンズでビックリしました。
しかもマウント改造もこんなに早く!!! スゴいです。
フォーカス調整後のお写真とても楽しみにしています。^^

夢はキューブリックが映画「バリーリンドン」で使っていた
Planar 50mm f0.7にも広がっていきますね。
あのレンズは今何処でどのように過ごしているのでしょうw
Commented by andoodesign at 2008-08-27 16:28
Duo-700さん
ありがとうございます。
でも、快適に撮影を楽しむには少し調整が必要なようです。
でも、なかなか良い写りですよ〜。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 16:36
fields24さん
ホント、今回は図ったように出くわしました〜!
まあ、探しているんだからいつかは見つかるんでしょうけど、
しょせんは少数派のマイナーレンズです。新参者の僕がコレを使おうと思わせたのが、遊びの面白いところです。
Commented by andoodesign at 2008-08-27 16:45
Hologon158さん
アンジェニューを知ったのもこの数ヶ月の間です。
コントラストは弱そうですが、出会いがあれば是非試したいです。
それにしても、ずいぶんと本道から外れてしまったようです...。
重病の人ほど自覚症状が無い...、のかもしれません。
一応、立場はわきまえる方なので、お財布の紐へ固いです...
Commented by andoodesign at 2008-08-27 16:50
typologiesさん
コメントありがとうございます!
真鍮が渋い鏡筒のオールドレンズ...のような趣きはありませんけど。
これ、もう少しピント調整は必要みたいです...。
でも、良いレンズですよ!(素人の判断ですが)
プラナーに50mmF0.7というのが存在するんですか?
特注品でしょうね、確かに見てみたいです...。
Commented by roxanne6 at 2008-08-27 16:55
どうもお静かだと思いましたら、泥沼であがいてらっしゃたんですねぇ、いいなぁ
作品お待ち致してます
Commented by andoodesign at 2008-08-27 17:51
roxanne6さん
はは、あがいてました...、沼で。
本道を逸れて、脇の細道に迷い込んでいるワタシです...。
Commented by LM_HELL at 2008-08-28 20:08
ものすごい一品を手に入れたようであります。
シュナイダーは奇っ怪な玉を作るのが好きなようであります。
オイラも大判用47/5.6という気違いレンズを持っている事は内緒にしておくのであります^^;
Commented by andoodesign at 2008-08-28 23:05
LM_HELLさん
で、やっぱりお持ちなんですね...。
侮れませんよね、シュナイダー。