I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 操上和美さんのライカM4(ブラックペイント)

先日、ライカ銀座店に行った際、写真家・操上和美(くりがみかずみ)氏の写真展「Diary」を観ました。
操上氏は広告業界でスチール写真の巨匠として知られる写真家です。
今年の春には73歳にして初の監督作品となる映画「ゼラチンシルバーLOVE」を公開しました。
(まだ観てないんです...、ワタシ。)
ギャラリーに展示された14点のモノクロ作品には氏のオフィスがある白金でのカットも多く、日常の視点が感じられるゆったりした空気の写真展でした。
プリンター・久保元幸氏によるプリントも素晴しく(と言っても、アナログプリントのこと良く知らないんですが...)、写真本来の魅力を改めて感じることが出来ました。

そして...、写真作品の完成度も然ることながら、僕の目を惹き付けたのがガラスケースに収められているとっても使い込まれた黒塗りのM4とズミクロン35mmです。
e0135059_14402161.jpg
「操上氏のM4」
銀座ライカギャラリーにて

M型ライカ(フィルム)はM6しか使ったことが使ったことがない僕、ちょい借りしたM3のファインダーのクリアさやシャッター音の静かさに感動した経験はありますが...
M4ブラックペイント...、このカッコ良さには衝撃を受けました...。

この存在感...、きっと30〜40年使い続けた結果でしょうね。
上記映画作品「ゼラチンシルバーLOVE」では主役の永瀬正敏さんがこのM4を使用する場面も見られるそうです。
あー、観なきゃ...(もちろん、M4見たさだけじゃなく...)

操上和美 写真展「Diary」
期間:2009年7月24日~10月18日
会場:ライカ銀座店2階(東京都中央区銀座6-4-1)

※ M4の画像はギャラリーに許可を得て撮りましたが、不都合がありましたらお知らせ下さい。
[PR]
by andoodesign | 2009-07-28 16:18 | 他のライカ | Comments(22)
Commented by blende1 at 2009-07-28 20:11
僕もずっと見たい映画なんですが、まだ見れてません。
確かにかっこよすぎですね、M4。でも、この状態で自分の手元に来てもダメなんだと思います。外見だけじゃないんですよね。「きれいな」状態から使い始めて、使い込んで、使い込んで、それでペイントは剥がれ、稜線は丸みを帯び、場合によっては凹みもできて、でも写真を撮る道具としては何ら問題なくそこにある、そこに僕は渋さを感じます。
Commented by Hologon158 at 2009-07-28 20:18
ほんとに素敵ですよね。
でも、 blende1さんのご意見に大賛成です。
ブラックペイントにはまってしまったら、
仕事よりも形が先行するようになってしまいますよ。
人の使った痕跡を一杯体に収めているビンテージボディよりも、
むしろかなりよい程度の普通のM3(50mmなら)かM4(35mmなら)を手に入れ、
それを使い込んで使い込んで、その歴史が刻み込まれた、
そんなマイボディを理想にした方が、もっと自分にとって幸せなカメラになるのではないでしょうか?
Commented by panya-7 at 2009-07-28 22:12
最近思うのは「仕事道具」としてならこのM4のように一台だけを使い続けられるような気がします。
事実、僕が仕事で使う道具に関しては、あまりお金かけたくないし(カメラとか自転車とか買いたいし。笑)、手になじんでるし、と考えてみたら結構使い込まれた道具がチラホラあります。
逆に「趣味道具」に関しては・・・笑。
Commented by sima7sima7 at 2009-07-28 22:24
こんばんは
使い込まれたカメラって独特の美しさが滲み出てきますね
この持ち主の気持ちを代弁しているような雰囲気です
自分の愛機も、この位まで使い込んでやりたい物です
Commented by jmiin at 2009-07-29 05:50
ライカのブラックペイント。怖い世界ですね^^;

某、関西大手のカメラ屋さんでは、オリジナルペイントと称して売った
モノが、実は後塗りだった、と分かり、裁判沙汰になっている、と言う
話を聞いた事があります。そう言う意味でも怖い世界ですが、単純に
この存在感は怖いですね!

でも、M6のブラッククロームも、使い込むと白くなってきて、そこがまた、
渋い雰囲気になります.....
僕のは角だけ白くなってきましたが。
Commented by tajiri8jp at 2009-07-29 06:52
使いこまれた黒塗りのライカというのはどんな宝石よりも美しいと思います。と、いっても妻には納得してもらえませんが(笑)。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 08:35
blende1さん
コメントありがとうございます。
「ゼラチンシルバーLOVE」は都内の上映を終えたと思っていたら、来月から再上映されるようなので見てこようと思います。
真新しいブラックペイントを時間をかけて手に馴染ませて、気がついたら渋い姿になっていた...、みたいなのがいいですね〜!!
そういえば、blende1さんもBPですよね。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 08:42
Hologon158さん
コメントありがとうございます。
またご心配をおかけしてますね...、笑
ビンテージボディを手に入れることは発想の中に無いので、その点はご安心下さい。
実用的には今使っている M6 HM で充分ですし、見た目にこだわるとしたら、やはり程度の良い個体を入手して自然にやれた姿になるまで使いたいと思います。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 08:49
panya-7さん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、仕事の道具は使い込み方が半端じゃないですもんね...
手入れも怠らず常に実用に耐える機能を維持して日々を共に過ごした道具だけが持つ美しさ...、凄く魅力的です。
乱暴に使ったわけじゃなく、大切に使い続けた結果の姿だったら、本当に愛おしく感じるでしょうね。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 08:52
sima7sima7さん
コメントありがとうございます。
使い手と一緒に時を過ごした風格が滲んでますよね。
なにしろ使い続ける...、その姿勢がカッコ良いです。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 08:59
jmiinさん
コメントありがとうございます。
ブラックペイントって少ないんですよね...?
これだけステキなお姿なら、高い値が付くわけですよね...
確認したら僕のM6も気がつけばファインダー側の角がシルバーっぽくなって来てます。
その下は真鍮なのかな...? そんなことも知らないワタシ...
Commented by andoodesign at 2009-07-29 09:03
tajiri8jpさん
コメントありがとうございます。
「夫はボロボロのカメラを大事に使ってる...」って思われていた方が、何かと平和に過ごせると思いますー。笑
Commented by acielmd at 2009-07-29 09:15
日曜に銀座の1Fまで行ったのですが、飛行機の時間がなくて
2Fには上がれませんでした。残念。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 09:35
acielmdさん
コメントありがとうございます。
このM4の渋さに衝撃を受けて、現行MPを黒塗りM4風にあつらえる事を夢見てしまいました...(笑
Commented by kinoplasmat at 2009-07-29 16:04 x
かつてはM4のブラックペイントは一番の憧れでしたね。しかもここまで使い込むと、カメラ自身が自分史になってますね。私は今はカメラまでは手が出せない状態が続いていますが、いつかは身辺整理?をして、すっきりしたくなるかもしれません。
ところで、話は全く変わりますが?andooさんのCANON TV 0.95レンズって、レンズ最後部のガラスは膨らんでいますか?凹んでいますか?私はこのレンズの経験がなく、無知なのですが、CANON7用とTV用では全く異なるレンズ構成という情報もありましたので、、、余計な質問ですみません。
Commented by andoodesign at 2009-07-29 18:00
kinoplasmatさん
コメントありがとうございます。
M4、カッコイイですよね。
今さらながらブラックペイントに憧れているワタシです...。

キャノンTV 50/0.95 の件、僕の後玉は凸です。
先程確認したところ、ヘリコイド無限遠位置で後玉はMマウント後端から1mm程出っ張ります。
レンズ構成が違うという情報は初めて聞きました。
写りはTVの方がクリアという話も聞きますが、キャノン7用でも手入れの良い個体はとてもクリアに描写することも確認していますし、二線ボケやフレアの出方はとても似ています。(同じレンズですもんね...?)
何れにしても保存状態や個体差による写りの違いは大きいみたいですね〜。
Commented by dysphagia at 2009-07-29 23:29
こんばんわ。

私も久保さんにプリントしていただきました。
素人でも久保氏にプリント依頼できるシステムはライカならではです。

氏に焼いていただいたモノを見ると、また銀塩機が欲しくなります。
Commented by andoodesign at 2009-07-30 09:07
dysphagiaさん
コメントありがとうございます。
久保さんのブログを見ると、好みを聞きながら展示場所の光に合わせて焼きを加減するそうですね...、今回の展示でも、数枚ずつ違った調子でプリントしてその場で選んでもらったそうです。
なるほど...、と思いました。さすがですよね。
一流のプリント行程を垣間見るだけでとても勉強になりそうです。
僕もモノクロを見直してみます...(笑
Commented by charley944 at 2009-07-30 22:08 x
こんばんは。
確かに見事な使い込みっぷりで、武勲の跡を湛えた曰く因縁付きの銘機かも知れませんが、小生は全く欲しいとは思いません。

何とならば、いかな名手が使ってきたものでも、その人と共に年を取ってきたものであって自分が今の姿に作り上げたのではありませんから・・・

よって、個人的には黒塗装が剥げているものよりも、お金があれば、手擦れが全く無い正真正銘のビンテージ黒塗りを買って、自分が一緒に年を重ねていくか、それが出来なければ、メカの程度がイイM型を買って、後塗りと言われようと、大森とか、八丁畷あたりで新品同様の外観に戻して貰って、そこからヨーイドン!ってのがイイです。
Commented by andoodesign at 2009-07-31 08:12
charley944さん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
自分で使ってこそ、古びた姿を愛せるんだと思います。
何れにしても、使って気持良いお気に入りの機材で撮りたいですね〜。
Commented by やまがた at 2009-07-31 10:50 x
ブラックボディーっていいですよね~~~
私はライカは買えなかったので
キャノンとかニコンの黒ボディーにハマりましたね・・・(^_^;)

しかし、
カメラって普通に使っている分には
20年くらいしても、ちょっと角が擦れるくらいで
こんなにはならないです。
昔は、金属のカメラとレンズを仕切りの無いバックに詰め込んでいたりして
傷ついたりしましたが
どんな使い方をしたら、こんなに綺麗にハゲルのでしょうね。
このてのカメラって
たいてい、ヘコミとかは無いんですよね・・・(^_^;)
Commented by andoodesign at 2009-07-31 19:56
やまがたさん
コメントありがとうございます。
さすが、ひと通り経験されているワケですね〜!
大切に扱って、写真撮りまくって、気がついたら真鍮が見えていた...、なんて、きっと充実した気分になれるでしょうね。
カメラはただの箱...、と思いつつも、やっぱりカッコイイのは良いです...
とりあえず、皮ケースなどに入れずガンガン使わないとダメですね...。