I live on the 8th floor... ライカM8で観た景色 by andoodesign

+ 再々考、SUMMILUX 50mm F1.4 その3

風と雨、屋外での撮影はキビシイので、今回は室内で先日のつづき...
以下は集結した歴代の ズミルックス 50mm F1.4、計5本。
e0135059_21274151.jpg
SUMMILUX - M 50mm F1.4 x 5

左から、第1世代(逆ローレット/No.164xxxx)、第2世代(金目/No.184xxxx)、第2世代(No.257xxxx)、第3世代(No.390xxxx)、第4世代(ASPH. No.398xxxx)

今回、第1世代と初期の第2世代をお借りしました。
まず第1世代はとても鮮やかなブルーコートが印象的です。
この個体は「逆ローレット」と呼ばれ、ヘリコイドリングに刻まれた溝の位置が通常と違うレアモデルです。
(2本のシルバーモデルの鏡筒を確認すると違いが解ります。)
そして2年後の1961年に発表された第2世代、モデルチェンジは No.1844001 からなので、写真の個体(左から2番目)は最初期のものであることが分ります。
この個体は「金目」と呼ばれ、コーティングが金色に輝いてます。
続くレンズの情報は先日の記事で。

日中時間が無く夜も外は雨なので、とりあえずM8で室内撮りしてみました。
e0135059_22530100.jpg
SUMMILUX 50mm F1.4 TEST
Leica M8 + UV/IR filter + ISO160 + F1.4 + 1/45s + フード無し
(並び順は上のレンズ画像と同じ。画像クリックで拡大表示します。)

意外に第1世代からフレアっぽい印象はありません。
んー、正直あまり変わりませんね...
強いて言えば点光源ボケの輪郭と二線ボケでしょうか...
フルサイズならもっと顕著に違いが出て来そうですが、とりあえずM8ではこの程度です。

撮り方工夫して、M6で再度挑戦してみますね...。反省
[PR]
by andoodesign | 2009-07-08 22:43 | M&Lレンズ | Comments(29)
Commented by 銀治 at 2009-07-08 23:52 x
うーん。すごーい。感動!
前ボケは第1、後ろボケは第2後期が好きかな。
第3が1番コントラストが高くて、空気がぬけている感じ。
意外なのが、第3よりも第4のASPHの方がフレアっぽいのと中間のボケ(椅子?)が妙にカッコいいってことか。
もっと見たいでつ。
Commented by jmiin at 2009-07-09 05:53
僕も見たいでつ。
Commented by tajiri8jp at 2009-07-09 06:33
壮観です。個人的には「青」に引き込まれてしまいそうです。
Commented by himakan at 2009-07-09 10:35
美しい〜。^^
並べて眺めてるだけでも楽しくなりますね。
M6で再度挑戦も見たいでつ。
Commented by andoodesign at 2009-07-09 12:38
銀治さん
コメントありがとうございます。
違いの解りにくい作例をちゃんと見て頂いて嬉しいです...。
おっしゃる通り、意外にもASPH.の圧勝という印象ではありません。
僕も2世代目後期の後ボケが最も素直な描写になっているところ、関心してました。
しかし、フード無しでAPS-Hセンサーですので、フルサイズでの周辺収差は世代によって違いがはっきり確認されるはずですよね。
今日も外はジメジメ、三脚立てて5本のレンズを取っ替え引っ替えする気分ではありません...
無理せず室内から始めたいと思います。
Commented by andoodesign at 2009-07-09 12:39
jmiinさん
コメントありがとうございます。
はい、僕もみたいでつ。
Commented by andoodesign at 2009-07-09 12:41
tajiri8jpさん
コメントありがとうございます。
レンズ面はどれもピカピカです。
そうですね〜、第1世代の「青」は見た目に一番インパクトあるかもしれませんね
Commented by andoodesign at 2009-07-09 12:43
himakanさん
コメントありがとうございます。
片手間にやっておりますので、ちょと時間下さい。
僕もフルサイズでの結果を楽しみにしています。
せっかくなので、見たいでつよね〜。
Commented by marierit at 2009-07-09 14:38
私の目にも第1世代のブルーコート 魅力的です。
Commented by kinoplasmat at 2009-07-09 18:53
素晴らしい比較ですね。さすがandooさんです。結果も結構驚きました。ASPHは光と色の抜けはさすがですね。ボケを気にしなければもっともクリアに撮れそうに思いました。ASPHのボケ部分の光の偏り方は上下とも周辺に向かっているようなのでわずかにコマが残っているようにも見えますが、1枚だけで即断は禁物ですね。自分はあまり前ボケのある写真は撮らないようです(経験的に)ので、多少補正不足気味に抑えている第二世代後期にやはり魅力を感じました。
Commented by tullyz2 at 2009-07-09 21:24
おー、揃いましたねー^^ 
これだけすべてを比較できるのはすごいです。
点光源のボケは第2世代後期がいいですね。でも手前ボケはいまいち。
なかなか難しいものですね。
Commented by chuban_hell at 2009-07-09 22:02
壮観でありますな。
オイラも第一世代に一票。
Commented by noato at 2009-07-09 22:31 x
こんばんは。
ブルーコートと金目には惹かれます ^^;
僕も銀次サンと同じ印象です。
やっぱりASPHは光源ボケがしっかりとしてて現代っぽい印象受けます。
って自分が言うのもおこがましいですが〜
僕も見たいでつ。
Commented by gato at 2009-07-09 22:56 x
こんばんは。
Summilux、5本も揃いぶみになると壮観ですね、R-D1では当初このレンズとSummaritばかり使っていたのを思い出しました。
ブルーコート、美しい!!
Commented by charley944 at 2009-07-09 23:09 x
こんばんは。
個人的な見解ですが、何故か、後ボケの青緑の点光源の膨らみ方とか、色の出方とか、左から2枚目と一番右のものが近似しているように見えます。
寧ろ、合焦部のグラス製品については、却って2枚目の方がコントラスト高くしゃきっと写っているようにも見えます。
で、どれが一番欲しいかって?
見た目では、真ん中の黒の先細鏡胴ですが、写りも考慮したら、やはり2番目でしょう・・・
尤も、深川では、二本お預け戴ければ、中身をそっくり入れ替えて、外見、写りともベストの一本を作ってしまうことも出来なくはないでしょうが・・・
Commented by andoodesign at 2009-07-10 08:51
marieritさん
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、このレンズ群の中でブルーのコーティングは異質で目立ちます。
写りとは別に、レンズ自体を宝石や工芸品を見るように楽しむことも出来るんだな...、と思いました。
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:02
kinoplasmatさん
コメントありがとうございます。
いや〜、kinoplasmatさんにレンズ比較を褒められると、無条件に嬉しいですね 〜!
おそらくASPH.はフルサイズで他の世代と収差補正の面で抜きに出るのではないでしょうか?
フード装着でフレアは収まると思いますし。
僕も意外でしたが、第2世代後期の写りが良い感じだったので、面白いこともあるものだな...、と思いました。
もちろん、世代差も個体差も含まれているので、一枚では何とも言えませんし、結局は好みの問題で、ズミルックスは総じて良いレンズであるということだと思います。
50年以上の年代差があるにも関わらず、同名レンズの品質をここまで揃えるライカもスゴいな〜と感心した次第です。
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:07
tullyz2さん
コメントありがとうございます。
第2と第3世代のレンズ構成は同じなので、5本のうち中央3本は同じレンズ構成なんですが、少しづつ違う表情をもっているのが興味深いですね。
第1と第2世代の写りが本当に似ていたり...
おっしゃる通り、第2世代後期の後ボケは一番整っていますが、前ボケに輪郭が目立ちますね...
あちらを立てればこちらが立たず...、ってところでしょうか?笑
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:09
chuban_hellさん
コメントありがとうございます。
ブルーコート、人気ありますね〜!
鏡筒の逆ローレットも含めて珍しいレンズなので、確かに魅力的です。
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:11
noatoさん
コメントありがとうございます。
条件揃えて撮るのがこんなに面倒なのか...、と思いつつ、結果に違いが感じられると面白くなってくるもので、僕も興味津々です。
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:15
gatoさん
コメントありがとうございます。
遅ればせながら、このスペックに興味を抱いているワタシです...。
実用レベルではとても使いやすいレンズで、M8/M6ともに相性は抜群ですね。
ホントは、収差が残った50/1.5に憧れてるんですが、なかなか道のりは長そうなので、身近なところで遊んでいます...。
Commented by andoodesign at 2009-07-10 09:22
charley944さん
コメントありがとうございます。
あは〜っ、スワップ・レンズを構想するとはさすが強者!
以前、完璧なキャノン50/1.2を作られたいきさつを考えると、それも可能でしょうね!
レンズの見方は本当に色々なんですね〜、とても楽しい夢を見させて頂きました!
Commented by roxanne6 at 2009-07-10 13:02
1世代目はフードも良いですよね。あのフ-ドに惹かれて手に入れたんですが、もっと使わなくっては
Commented by やまがた at 2009-07-10 15:53 x
ウェブ上で見るとよく判らないので
ksmtさんのHPのように
コースターのピントの合っていると思われる場所の
ピクセル等倍の写真を並べてくれると
よく判るんじゃないでしょうか?
(この画像でも、拡大して見ると、結構違いがありますね。
でも、ピントの精度とかもあるでしょうし
ピントの位置が1cmずれた場合
ボケが変化しないと言えるのか・・・・・・・

専門家じゃ無いので、判りません・・・・・(^_^;)

Commented by roxanne6 at 2009-07-10 21:55
我が家の1代目はこんなに青が濃いコーティングではありません、170****ですが
Commented by chousan-drybox at 2009-07-11 00:01
第2世代後半のボケの自然さと、ASPHのボケの特異さを感じまし
た。
このところ一番使っていないレンズですが、第2世代後半使ってや
らねば。
Commented by andoodesign at 2009-07-11 08:21
roxanne6さん
コメントありがとうございます。
けっこうマイナーチェンジを繰り返したような気配...。
コーティングや硝材等の組合せに特定の規則は見つけられず、確かな情報はありません...。
第1世代にも金目のコーティングがあるそうですよ〜。
Commented by andoodesign at 2009-07-11 08:25
やまがたさん
コメントありがとうございます。
あはっ、僕も素人なんです...。
何れにしてもブラウザの解像度なので、あとは想像の範囲でお許し下さい...。
Commented by andoodesign at 2009-07-11 08:31
chousan-dryboxさん
コメントありがとうございます。
第2世代後半は1mってことを大らかに受け止めれば、とても素直な写りの良いレンズだと思いました。
第3〜4世代の0.7mは確かに使いやすいですが、レンズスタイルは古いレンズの方が趣ありますしね。